気になる!CineBee 75HDはJello Free !?

いえね、Gofly-RC Scorpion 80HDを飛ばしてますと、

2Sで飛ばすより3Sで飛ばす方が楽しい!

って思えてくるんですよ。
で、Makerfireで3S 300mAh(Happymodel Mobula 7HD用)を頼もうとサイトに飛んだら。

CineBee 75HD 2S-3S Whoop(Turtle V2) White

今こういったタイプのCineWhoop、比較対象としてはGofly-RC Scorpion 80HDになってしまう(85サイズはおいといて、ね?)私ですが、動画でお分かりのとおり、Scrpion 80HDはジェローでてましたもんね(も、もちろん対策はじめますよ?はじめますからねっ><)。

アドバイスをいただき、Filmoraで4Kで書き出したものをYouTubeにアップロードしてみました。こうすると1080p再生でもキレイに見えるらしいですよ^^;
あ、これはGofly-RC Scorpion 80HDの映像ですからね!

Makerfireイチオシらしく、トップにシレっと紹介されているわけですが、そこには…

JELLOFREE!!

そりゃきになりますわな!

CineBeeのウリはですね、

  • 超軽量ながら高性能
  • JELLOFREE 耐久性のあるカーボン/プラスチック構造
  • プロペラやプロペラガードは映り込まない
  • アップグレード可能 多用途 将来性

あと、カメラ角度ですよね、気になってくるの。CineBeeのカメラ角度はもちろん変更も可能で、

0度〜55度

そんでもって、搭載可能なバッテリーセルは、

2S〜4S

!!!
4Sですとっ!?
55度というカメラ角度上限もすげーって思ってましたが、4Sとかもう私には手に終えなさそうw
とりあえずヘタレな私には3S 300mAhで十分かと><
(弱気)
※パッケージにはバッテリーは付属しないそうです。
もちろん私はHappymodel 3S 300mAhで行こうと思います。で、緩く2S 350mAh。

デフォルトでXM+レシーバー

別に私はXMレシーバーでも文句無しですけど、XMよりもXM+の方が良いに決まっていますw リモート距離や安定性についても定評がすでにありますからね。

自作するとここがひげ二本って感じになっちゃうのが、私少し気になってしまいますw

あと、セッティングの際に軽く重要になってくるUSBポート。

見た感じ刺しやすそうなUSB

ポートが外に突き出ているようなので、ScorpionみたいにUSBケーブルをカッターで削ぎ落として薄型にしたりとかもしなくて良さそうです。

SDカードが飛び出さない配慮?

Caddxの本体基盤には横からSDカードを差し込んでカチっと言わせて使うわけですが、今の所大丈夫ですけどクラッシュの弾みでSDカードミサイル発射とならないか、少々心配だったりします。抜き差ししにくいのもアレですが。ホントどっちが良いのか、私はまだ答えに至ってません。CineBeeのキャノピーは少しだけツメができているみたいで、不意に飛び出す事の無いよう設計されているみたいです。

んな感じでCineBee 75HD、3S 300mAhバッテリーと共にMakerfireで発注しました><
レビュー提供じゃないですから、気楽に紹介出来る!?
いやいやもちろんちゃんとサクッとレビューしますので、気になるところなどありましたらTwitterなりで教えてくださいね^^

ほんとWordPressのスパム、こまったもんです><
こちらでコメントが出来ないのは、皆さんも不自由しているんでしょうね。

CineBee 75HD 2S-3S Whoop(Turtle V2) White

Follow me!