DJIの新製品は水中ドローンでもカメラロボットでもなく、「ただの」アクションカメラだった!w

予想は見事にハズレ〜w
正直カメラロボットがよかったなぁ…。

DJI OSMO ACTION

えー。44,200円です。

デュアルスクリーン

撮影したい映像は、レンズ越しに見える光景か、それともアクションを披露する自分の姿か。デュアルスクリーン搭載のOsmo Actionなら、どちらもボタンに触れるだけで簡単に撮影できます。鮮明なフロント画面ではセルフィーのアングルを確認しながら撮影でき、反応性のよいバック画面ではパワフルなディスプレイを搭載。タフな設計で、用途が広がるこのアクションカメラには、最新のテクノロジーが満載です。このカメラで、思い立った瞬間にアクションの世界を激写しよう。

カメラのレンズ側とその裏側に液晶スクリーンを搭載。タッチパネルとなっているのは裏側だけかな?
自撮り系な人にはプレビューが確認できるのでかなり便利ですね。

RockSteady

これまで世界中の映像制作者に、定評のある高度な映像ブレ補正技術を提供してきたDJIは、さらに一歩進んだ技術を生み出しました。RockSteady(ロックステディ)は、EIS(電子式映像ブレ補正)と複雑なアルゴリズムを組み合わせ、アクションの激しさに関係なく、安定したブレのない映像を撮影できます。

かなり高性能なブレ補正ついてます。これは動画で確認できますかねー。
GoPro7が「ジンバル要らず」なんて評価されていましたが、DJIもその上を狙っている感がありますね。

静止画だとわかんねーw

4K HDR動画

HDR動画での撮影では、映像のダイナミックレンジが劇的に広がります。この撮影モードは、明部と暗部の間を自然な形で再現し、複雑な照明環境下で失われがちなディテールをしっかりと捉えます。

4KでHDR動画撮影が可能です。映像の「トビ」とかがなくなる感じ?

8倍スローモーション

解像度 1080p /240fpsの8倍スローモーションを使用して、 すべての動きを驚くほどの明瞭に細部まで捉えます。

アクションの醍醐味、スローモーション撮影もオテノモノ。さすがにコレは1080p。

4K 60P UHD画質

OSMO ACTIONは、4K 60fps 100Mbpsの動画を高品質で提供。シャープなディティールを維持したまま、映像は力強いその瞬間を常にとらえます。

11M防水

Osmo Actionには、背面タッチスクリーンに防水シールと疎水性コーティングが施されており、水深11 mまで防水性を発揮できるので、水中での撮影にもぴったりです。

カスタム露出設定

最大120秒の長時間露光を可能にする手動および半自動の設定により、夜空の星を撮影できます。

タイムラプス

時間と動きを凝縮した素晴らしい作品を簡単に作成できます。

タイマー撮影モード

後処理と追加の制御に最適なタイマー式のRAW撮影を設定します。

音声操作

5種類の音声コマンドで、動画や写真の撮影、デバイスの電源をオフにするなど、必須の機能を簡単に行えます。(英語・中国語のみ)

私にゃ音声操作はキビしそうですw
英語ぜんぜんネイティブじゃないもん><

バイクの爆音の中使えるのだろうか。

多彩なアクセサリー

ヘルメットマウント等多種多数でるようです。昨今のOSMO POCKET用オプション品も、今はよりどりみどりですから、多分サードパーティからも多数発売される事でしょう。

DJI Mimo アプリ

直感的に使える機能と強力な編集ツールが満載のDJI Mimoアプリで、Osmo Actionを最大限に活用することができます。ストーリーテンプレートを使用すれば、撮影した刺激的なハイライトを編集し、即座にソーシャルメディアにシェアできます。

動画もでてますね。
つーかリミットが切れた途端の世界のレビュアー動画も乱立www

んー、私は1080pEISなEK6s(でしたっけ?)を持っていますが、そっちは1万円くらい。
撮影するのは概ねレビューの時よりも、サザエ漁に出て海に潜った時にちょこっと撮影してみたりって使い方なんですよね。
正直、アクションカメラって、対象は「自分自身」というのがノーマルに思えるんですよ。
ですので、例えば

  • バイクでツーリングとかオフロードとか
  • スノボーとかスケボーとか
  • スカイダイビングとかマリンダイビングとか

何かしらのアクティビティを持ってる人じゃないと、宝の持ち腐れになりそうにも思います。
(私がGoProを買わないのもそこw)
ピザ食ってゴロゴロしてたらアクションカメラなんて使わんでもよしですよwww

素潜りなんて世界に誇るアクションでも無いですし、1080p 60FPSとかで不満なしっすわ。ただ、手ぶれ補正があるのと無いのとでは映像の質が雲泥の差だったのは印象深いです。

5インチドローンにどうかな?

私は到底そこまで行きませんし行けないスキルっぷりだと思いますが、5インチドローンでGoPro積んでる人にとって、4万ぶら下げる事で映像が色々よくなるのであれば、「アリ」かもしれませんね。
正直、それを想定してセンターカメラレンズなタイプにして欲しかったところでもあるんですけど。

買い?それとも…

私はのんべんだらりと別に何かアクションする人間じゃないので、買いませんw
変な比較ですけど、OSMO POCKETとOSMO ACTION、稼働率を比較したら多分圧倒的にOSMO POCKETなんじゃないですかねー。
それ以前に私は1080pなアクションカメラで満足してしまってますからね。4K編集とか地獄だしw
ですがレーシングドローン空撮や、先に挙げたアクティブ派な映像残したい人にはかなり魅力的に思います。
少し気になってるところが実はあって、ここ能登って夜空がすごいんですよ!
で、星とかカメラに収めようと思っても、ちゃんとした一眼カメラじゃないとそれ務まりませんよね。OSMO ACTIONはアクションカメラでありながらもカスタム露出機能でかなり手軽にそれができるみたいで、それが4万なら魅力増大なんですよねー(アクションじゃねーじゃんw)

ま、こういうのがサラっと買えるようにお父さん少しがんばらないとね><

なんか少し悲しかったのが、今回の発表と同時にGoProからセール情報メールが届いてます><

発表される事はわかってたんでしょうね。ホント同時でした。

これでDJIの戦略はわかってきましたかね。

基本「被せ」「潰し」の繰り返しなんですよ。
それがドローンに限らなくなったところがまた怖いw
空撮ドローンに始まって、ユニーク社やパロット社、GoPro社などを低迷させ、TelloでParrotにとどめ。手持ちジンバルでFeiyuを窮地に追いやり、そしてアクションカメラでGoProにトドメ。
今の所「映像」という括りを展開しているDJIですが、そろそろWhoopとかにも触手を伸ばしてほしいです。
多分水中ドローンは時間の問題かと。
あとは、やっぱりあのカメラロボットですね!
あれ、マジでニーズあるんですよ!w

ざっと羅列したきったねー記事でごめんなさい。詳しくは本家サイト飛ぶのが無難だと思いますw

Follow me!