65mm-716ブラシWhoopのベストレシピ(だと思ってる)

覚書です。

前にBETAFPVのC01 Proカメラをレビューしましたが、あれって、コネクター切断したくなかったがためにKigaruDroneさんの通販でNewBeeDroneのBeeBrain Liteを購入してんです。
お手軽ブラシドローンですから、稼働率はかなりあったんですが、気付けばレシーバーアンテナ取れて無くなっちゃってるし、丈夫で人気のコックローチフレームのバッテリーベイ部分折れちゃってるし…orz

コックローチフレームの予備も持ってますし、修理という選択肢もあったんですが、あえてカスタマイズの道を選びました。はい、今日も泥沼に浸かる方を選びましたw

716ブラシモーターにしたワケ

「中華フープ」で培った私のスキル的には、もう6mmモーターという選択肢はそもそも無かったのですがw
とりあえずこの動画をご覧くださいな。

(ぜひチャンネル登録してあげてくださいw)
100倍速くなるんですってよ!奥さん!
や、私は100回くらい生まれ変わらないと速くはならないんですけどねorz
動画ではコースを回る上で速く飛ぶコツを教えていただけてます。
中学2年生(ウチの息子とタメ!?)が日本のWhoopを震撼させちゃってんですから凄い。
で、動画の2分くらいのところから機体構成を教えてくれています。

  • FC:NewBeeDronne BeeBrain Lite
  • モーター:BETAFPV 716 19000KV
  • カメラ:BETAFPV C01 Pro
  • プロペラ:BETAFPV 3Blade
  • バッテリー:BETAFPV BT2.0 300mAh

かなり被ってる!w
流石世界のKozaaa !

では私の今回の構成。

FC:NewBeeDrone BeeBrain Lite←ごめんなさい販売終わってるかも。新型登場してます。
モーター:転がってたもの。多分Makerfire Armor65 Liteのパーツ
カメラ:BETAFPV C01 Pro
プロペラ:GemFan 3Blade 0.8mmシャフト用
バッテリー:BETAFPV BT2.0 300mAh
フレーム:Makerfire MicroWhoop Frame

既にBeeBrain LiteにはC01 Pro搭載済み。

動画ではその映りの良さがわかるかと思います。光源(蛍光灯)とその横(天井)との色と明るさの境界がかなりわかりやすくなってるかと。

キャノピーは好みの問題(?)でBeeBrain LiteのGooberキャノピーにしちゃってますw
もしかしたらBETAFPV C01カメラに付属のキャノピーの方が軽いかも!?

もう一つ悩んだのはバッテリー。

C01 ProレビューではROBOZさんプロデュースの「最強電池」を使用しています。これもなかなかパンチと持久力があって、かなりオススメなんです。PH2.0ピッグテールで逝きたい方は、Mobula6でおなじみのダイレクトソリッド(?直結半田付け)ピッグテールに最強電池がオススメです。

前にBT2.0とPH2.0のパフォーマンス比較を行っています。

ほぼほぼ同じ構成で、飛ばした際、飛行時間はPH2.0の方が長かったんですが、パンチというか、パワーはBT2.0の方がフィーリングは良かったんです。
Meteor65購入の際、結構バッテリーも買い込んでしまっていたのもあって、今回はBT2.0に交換しました。
ちなみにこの機体構成は、YouTube動画の説明にリンクと併せて記載しています。
今回の構成と大きく異なるのは、FC+レシーバー。既に入手困難。

プロペラは、ほら、私、前々から言ってる様にすっかりGemFan信者ですのでね。
Kozaaa君と同じく三葉ですけど、BETAFPVじゃなく、Gemfanの三葉です。0.8mmシャフトも市場から消えつつある気配。買い溜め急げw

バッテリーケーブルを取り外し、BT2.0ケーブルを半田付け。アンテナは文鎮化したBETA Lite FCから移植。
あとは載せ替えて繋ぎ直してハイ完成w

まだまだ改善の余地があったり。

この記事したためながらリンクとかチェックすると、結構入手困難になりつつあるものもあったり。
それとNBDのFCはもう次のステージへといっちゃってますしね。
モーターも、BETAFPVの19000KVの方がMakerfireの17500KVより高回転なワケですし。
キャノピーにしても、Gooberキャノピーではなく、「とんすけキャノピー」や羊風堂カメラマウントも魅力的。

如何せん高い

「箱出しそのままで最高の構成となっているレーシングドローンは無い」との言葉をいただいた事がありました。
巷ではMobula6やMeteor65など、65mmブラシレスWhoopの新風も吹き荒れています。Kozaaa君も言ってますが、ナニゲにブラシWhoopって、滑らかにキビキビと、ほぼほぼノーチューンで飛びますので、日本のコース事情を思えばブラシの方が有利なところも多いはずと、思っているのですが。

今回の構成、怖くて積算しませんが、まともに買い揃えたら2万はくだらないんじゃないでしょうか。
今週末は羽咋ドローンズ飛行練習会。そちらで実際に飛ばしてみて、塩梅とかも確認したいと思っています。

Follow me!

コメントを残す