LDARC FB156 サクッとレビュー

目視ACROブームがさらに加速する!?

「Competitive version(without Camera and VTX)」がVTxとカメラが付属しない目視バージョン。VTxが無いので無線資格も開局手続きも不要。
つまり

買ったその場で楽しめる

というメリットがあります!w

※もちろんAC900レシーバーに対応した送信機(FUTABA S-FHSS 又は FRSKY D16プロトコルに対応したもの)が必要ですけれども

あと3Sバッテリーが必要です。オススメは3S 650mAhとの事。

悲しくも私、3S 650mAhを持って居ないので、3S 300mAhや450mAhを使い回しておりますw

本当に丈夫過ぎて笑うしかなかった!

レビュー動画内でも思いっきりやってます。かなり勢いもついたクラッシュを行って居ます。しかも何回も。それでも壊れなかったです!
Telloにも球体(に近い?)ガードがあって、体験会などで安全性が高まると重宝しているわけですが、運が悪いとその日のうちにガードが折れています><
レビュー用の動画撮ったあとも目視Acroの練習をしていて、その時もかなりヤバい勢いでコンクリート土間にクラッシュしてしまっているんですが、壊れて居ませんね。
球体ガードのあちこちに傷こそ残ってますけど問題無し。

VTx+カメラ付きバージョンは使い所かなりある!?

開局手続きが可能な人であれば、当然FPV機をおすすめしたいです。もしくは、VTx無しバージョンに改めてVTxとカメラを搭載してみて欲しい。
これ、狭小スペースの点検作業にもかなり役立つのではないかと思われます。
650mAhでの飛行時間目安は5分ほどと聞いて居ますから、長時間にわたる飛行は不可能ですが。
天井裏や床下など、結構頑張れる気がします。
もちろん娯楽として、ぶつかっても壊れないは理想的。
パワーにも余裕あるでしょうし、GoProLiteやInsta360GOなどを積んでより高画質な空撮も可能かと思います。

YouTube

前半煽りまくりで恐縮ですw
まーもちろん冗談でやってる事なので、「あはは!じぞまえって本当にバカだな!」とさらっと流していただけたら嬉しいです(だったら言うなや!w)。

どうせ航空局Level4資格だって、「プロパイロット()」の皆様方が取得できるくらいのレベルでしょうから、もう正直どうでもいいw

高度維持に頼らないホバリングができなくたって、ATTIモードで四角く飛べたらOKなのでしょうからwww
(だから煽るなっての!w)

久々に目視で飛ばしてみて楽しかったです。
ちょうど羽咋ドローンズでも目視Acroがブームきているところでして、FB156(VTx無しバージョン)、まさに今のニーズにぴったんこです!

メンバーも早速発注。出揃ったらコレ使って面白い事できそうです^^

Follow me!

コメントを残す