Taranis X9 Lite 爆誕!

おいおいこれってJumperへの挑戦状じゃないですかね?

Jumper T12をかなり意識したツクリになっているように思います。もちろんOPEN-TX。

近日発売予定であるTaranis X Lite Proから採用されている新しいプロトコル、ACCESSもばっちり採用。

  • Taranis X9Dよりも小型軽量
  • Taranis Q X7と同じLCD(128×64ピクセル)
  • SDカードスロット
  • 振動および音声によるフィードバック
  • 有線トレーナーポートあり
  • スマートポートとUSBポート
  • 24チャンネル 60モデルデータスロット
  • 18650リチウムイオンバッテリー使用

ここでJumper T12をみてみましょうか。

液晶はX9 Liteの方が大きいっすね!スイッチの数は同じ?
操作系統が左に3つのボタンと右にダイヤルみたいですね。
「Tranis X9Dはちょっと大きくて…」って方にはコレ、かなりガッツリはまるんじゃないでしょうか。

っていうか、結局技適とるのか取らないのかがまだはっきりしていないBanggoodが言ってた「新型でとります」というのは、もしかしてこっち!?

とりあえず的な記事で恐縮ですが、詳細でましたらまた報告します。
ACCESSプロトコルでレンジが伸びているところに期待ですね。レシーバーどうなんでしょ。Whoopにもつけられるのかなぁ。

Follow me!