R3Dフレームやっと完成

ほんと長丁場というか、モチベーションあがらなかったのと、暇がなかったのと。

R3DWhoop ION Plus

経緯的に。
まず偶然、3Dプリンターでブラシレス Whoopをコンバージョンするフレームを作ってるところを発見。ポチ。

あり合わせのWhoop素材で組んでみたら、収まらない事が判明。モーターケーブルが届かない事が判明。

で、FCをBETA75XからHappymodel系のお1枚もんに変更。しかしカメラはCaddx EOS2しかないので、VTxもHappymodelのMob7用に。カメラがAIOタイプなら問題ないのかも。
でもそれでは私の満足度に問題あり!w

トップカバーは柔らか素材でしたので、なんかその辺にあった長めのネジで届きました。

いただいた延長ケーブルを使用してモーター配線も出来ました^^

しかしこのベルクロってんですか?
バッテリー巻くやつ。ここまで3Dプリントする必要は無いって思いますよ。
フツーのバンドの方が固定しやすいですw
ま、作り手のこだわりなのかも。
まあまあかっこいい。

プロペラはSailfly-Xのものを使用。

FPV映像みながらホバリングしようとしたらブワン!と唸って飛ばなかったので、プロペラの向きをまずチェック。
Prop Outにしてませんでした><

プロペラ付け替えて再度ホバリングしようとしたら、またブワンと唸って飛ばず。
Betaflightに繋いで基本設定で「逆回転」になってるかを確認。一応保存。

BLHeliで違う回転しているのを変更(間違えが反時計回りしていたら、時計回りに、みたいな)。
これがややこしくて、というか自分が間違えて覚えてしまっていて、モーター番号を間違えていて、確認ミスりまくりでした><

バッテリーは2S 350mAhで行こうかと思います。
VTxアンテナは上に出すとプロペラでやられそうだったので、腕んところにくぐらせてみました。

無事ホバリング。
作業終わる頃にはもう夜。

あほか。あほだ。

レシピみたいなもの。

明日元気があったら飛ばしてみますねーw

追記

というわけで飛ばしてきたわけですが…
モーター死亡っす><
なんだろ。フィーリングとして重たい感じがありまして、その重さへの私の対処がダメダメなんでしょうね。

  • 3S 300mAhくらいが良いのかも
  • 二葉ペラに対してのモーター6000KVはダメだったのかも
  • Caddx EOS2+VTxより軽いAIOカメラでいくべきだったのかも
  • 三葉ペラでしっとり行く方がよかったのかも

と反省点だらけです。しかしフレームは丈夫。さすがはカーボン混じりな3Dプリントです。バッテリー装着が微妙にやりづらいので、やっぱそこは普通にマジックテープなヤツに変えようかなぁ。

Follow me!