LITSPET WiFi時計カメラ サクッとレビュー

ひさびさにAmazon製品のレビューです。

LITSPED WiFi時計カメラ 防犯カメラ 1080P高画質 隠しカメラ 160°広角 長時間録画対応 動体検知 暗視撮影 リアルタイム遠隔監視 iPad/iPhone/Android 対応 日本語取扱説明書付き SDカード付属

私のにはSDカードがついてなかったっぽいw
コンセプトは面白いんですけど、レビューで生活さらしまくるのには流石に問題があると思い、時計を家の外に向けて撮影を検証しています。

結果、ネコネコ動画になってしまってますw
私もちょっと驚いたんですが、真夜中ってホント猫様の活動が激しいんですね。昼間は隅っこで丸くなってたりしていて、近づけば逃げるし、なんとも面白くも無い猫様達なのですが。

WiFiの環境によっては動作が鈍くなると思います。
最初は時計自体がWi-Fi基地局状態になっていて、そこにスマホを繋いで、アプリで設定をすすめます。
本体の紐付けが成功すると、そのまま本体を家のWi-Fiへと接続する設定作業になります。
ですので、セッティングには使用する場所で、もっともWi-Fi電波が拾える場所で行うべきに思います。
電波感度が落ちてる場所でネット接続を試みましたが、なかなか接続先候補が出てこなくて時間がかかりました。
接続や設定を失敗した場合は、電池蓋を開けたところにリセットボタンがあるので、10秒ほど押し続けて本体をリセットしましょう。

SDカードを入れておくと、ずーっと映像を記録しつづけます。
デフォルトでは30秒ごと、1080pでmp4ファイルを構築していきます。

予想外に優秀に思えたのは暗視カメラ。かなりくっきりわかります。
だから夜間撮影ができたわけですけどw

カメラのそばにいなくても、インターネット経由で映像を確認したり、設定したりすることが可能です。

アプリはAndroid版とiOS版のみあるみたいです。

スマホでは音声わかりませんでしたが、SDカード内に残った映像にはちゃんと音ものっかっていました。
ただ、マイク感度はさほど高いものではないのでしょう。ほぼほぼ何言ってるのかわかんないレベルでしたw

ずっとUSBから給電しながら使いましたが、バッテリリーでの駆動も可能みたいです。ネットの接続先が変わったら再度初期設定をしなければならないので、外に持ち出してつかうのは色々面倒かとおもいます。

Follow me!

コメントを残す