EMAX TinyHawk Freestyle サクッとレビュー

飛ばしたいのに飛ばせないもどかしさ!

EMAX Tinyhawk Freestyle 115mm F411 2S 1103 7000KV 2.5Inch FPV Racing Drone Frsky BNF

既に結構多くの方がクーポンを活用して美味しく購入済みかと思いますが、私のところにもやっと届きました!
「やっと」と言ってますが、発注から到着までぜんぜん日数かかってないんですけどねw

独特のFC、独特のバッテリー運用

1S〜2S対応と、TinyHawk Sと同じなんですが、こちらはPH2.0な1S HVリポを1本。いえね、独自路線行くのはとめませんが、せめてバッテリーシリーズとか統一しましょうよw
多分おちついたらXT30に付け替えてオンリー2Sで行くと思います。

Makerfire販売品はキャパシタもついてます。

2Pcs Happymodel XT30 Plug Pigtail Power Wire with 100μF Capacitor

TinyHawk Freestyleにはキャパシタが本体側に既についてます。

結構楽チンバインド。

レシーバーオンボードなTinyHawk Freestyle。感度のこととかで賛否わかれるんでしょうけど、通電と同時にバインドボタンを押すのではなく、通電してからバインドボタンを2秒押しという「独りでも大丈夫」なイニシャライジングは、ぼっちな私にはかなりありがたいんですw

バインドボタンは本体の底。ドライバーとか何か先の細いものでポチッとやります。

それでは動画で。
今回はBetaflightのんとかものせてしまったから無駄に長いです。
しかも、風の異常に強い日が続いていて焦って飛ばしたので、テストフライトはグダグダ。取り直しするつもりでいたんですが、本業が入ってしまって。しばらくはシミュかな。

一服フライトしたくても、毎日30度オーバーの暑さ。もうね、寝るの優先w

Follow me!