気になる!Toothpick次はDIYだ!

Happymodel Sailfly-Xでスピード中毒になってしまっているみなさんこんにちは。
最近記事を毎日投下できなくてごめんなさいw
レービュー品は着々と溜め込んでますので、もうしばらくお待ちください><
(あかんやろ!)

Summer Prime Sale Happymodel Sailfly-X 105mm Crazybee F4 PRO 2-3S FPV Racing Drone BNF

あーあ。Banggoodは売り切れ中。でも、ポジティブに考えると、今のうちに発注しておけば、次に入ってくるのはなんらかのマイナーアップデートが施されたものかもという期待もあります。
なにせHappymodelsって、Mobula7HDでかなりこまめな不具合解消が施されるメーカーなのはご承知の方も少なくないはず。
あらかた作って出したら知らん顔なブランドが多数ある中、さほど大きくない(らしい)メーカーがこうして頑張ってるのは、応援したいところです。

Banggoodが売り切れ中ならばMakerfireShop行っちゃいますよねw

Happymodel Sailfly-X 2-3S Micro brushless FPV Racer Drone

こっちは在庫があるようです。バッテリーキャンペーンは終わったかな?
少しでもお得に買い物したい方「Makerfireグループ購入」チャットに入って、おねだりしてみてはいかがでしょう。
FacebookからMakerfireShopにお問い合わせくだされば、誘導してくれると思います。

Sailfly-Xの「惜しい」ところは使ってるカメラがMobula7のものといえば伝わるのかな?暗いんですよね。私は夕方に飛ばすことが多いだけに、逆光とか辛かったりします。

そういうのに強いのがCaddxEOS2。赤味がかかった映像ですけど、映像はSailfly-Xのデフォルトより圧倒的にみやすいと思っています。
Caddx EOS2を搭載したSailfly-Xという言い方したら売ってる人が気を悪くするかも知れませんが、それがEachine RedDevilです。

Summer Prime Sale Eachine RedDevil 105mm 2-3S FPV Racing Drone Whoop BNF Crazybee F4 PRO Caddx EOS2 5.8G 25~200mW Nano VTX Compatible Frsky Receiver

こちらもまだ入荷待ち状態。Banggoodかなり苦戦中ですね><

ひょっとしたら、どれも爆売れし過ぎて在庫が追いつかないのかも知れない…。

で、皆さん2S対応とか3S対応とかのTinyWhoopのFC、CrazyBeeF4とか、予備は持ってます?あるのであれば、

フレーム買って(自作して?)作っちゃえば良い

という作戦もありますので!

で、今回紹介するのは、こちら。

Primo – V110X

トイクアレーサーの時代からこっちの世界にどっぷりハマっちゃってる方なら、いくつかビビっとくるかと思います。

Supports the below models electronics (just add your favorite 4 pattern 110X motor):

  • Eachine Trashcan
  • Mobula7
  • Beta65 pro
  • Beta65 Pro 2
  • Beta65 X
  • Beta75 Pro
  • Beta75 Pro 2
  • UK65
  • US65
  • Snapper 6
  • Snapper 7

と、かつての名機(いや、今でもですよね!)のFCたいてい対応。

って感じで、「手持ちを活かして組み上げられる」というところにほんのり魅力と泥沼感を抱いていますw

そうですね、動画見ればアセンブリとかもわかるでしょうか。

もう冒頭のすっ飛びっぷりで「ぐあああ!」ってなった方もいらっしゃるでしょうw

3Dプリンタによって作られたマウントベース。

カーボンフレームを限界まで削りきってしまって、胴体左右からモータープラグがはみ出ちゃってますw

Caddx EOS2を想定したカメラホルダー。しかも固定にはEOS2のセンサー基盤に使われているネジ流用!

クラッシュ一発フレーム折れて終了となるか、小型軽量なのが功を奏して結構持ちこたえてくれるのか、実際に使用しなければわかりませんが、とことん軽さとコンパクトさにこだわった構成には脱帽せざるを得ません><

飛びっぷりは動画でも確認できます!
てかやっぱうまい人は凄い飛び晒しますね><

「バッテリーは2S 450mAhがよろしいで?」って言ってるのかな?

きっとこれからCrazyBee F4 FCを使用したフレームは続々市場へと注ぎ込まれると思います。
我が家の3Dプリンタがウンコじゃなかったら、私もつくちゃいたいネタはあるんですけどねー。

CinePickまだ?

2S、3Sモデルがどんどこ出ているこのソリューション、きっと誰もが思ってることだとは思いますが。
すでにCineWhoopでは4Kモデルが登場した事ですし、HDすっ飛ばしてCaddx Tarsier 搭載してくるかも知れませんw
なにせFPV用カメラと撮影用カメラを分離した構成です。遅延の心配もないでしょうし、スピード勝負なToothpickの要件もクリアでしょう。
言うなれば重さの壁をどう打破するかですかね。

5インチレーサー機は別途GoProやOSMOなどを積んでハイデフなエアリル動画がわんさかアップされていますが、Toothpickでフルハイビジョン、4Kって多分多くの方が待ち望んでいるでしょう。

この夏はToothpick HDなレースイベントも開催される事でしょう。
なにせU199。目視外飛行という要航空法による承認申請も不要なシチュエーションです。誰もが気軽に飛ばせる(条例などによりドローンそのものの飛行を禁止しているところもありますが)魅力と、ハイビジョン映像による視覚的エンターテイメント性も加わって、盛り上がる事間違いなしだと思っています。

Follow me!