海外技適付きプロポの危機!Jumper-XYZ、潰れてる!?

そもそもJumperとは直接のやりとりは全く行ってないんですが。

追記:JumperXYZは潰れていないそうで、新型の開発も行ってるとFBにて情報をいただきました!
ちなみに新ブランドは喧嘩別れの結果だそうで。
そうなると「T8SG」と「T16」は「かぶる」のかも知れないですし、もちろん人から聞いたお話ですので、「蓋を開けてみなければわからない」のは同じ。

ニューブランドJumper-TX

Banggood担当さんから教えていただきました。Jumperから送信機部門が独立してJumper-TXができたと。ホント情報不足で申し訳ないところなんですが、もともとJumperというメーカーがあって、その中の送信機部門がJumper-XYZだった。
ああ!そう言えばありましたね!
Jumper X68Sが!

http://jizomae.blog.jp/archives/71228327.html

私のもろくずっぽレビューもせず、眠らせていたような。処分したんだったかな。忘れたw

で、分離したJumper-TXからはT8SGが新型機として登場するわけですが。

引き継いだのはT8だけで、T12、T16はJumperTXが今後出すのかもわかりません。

ニューブランドRadiomaster RC

そんな中、T16を引き継いだブランドが登場して話題となっています。

https://www.radiomasterrc.com/

こっちもなかなかにかっこいい!

もちろんOPEN-TX採用です。マルチプロトコルモジュールは本体に内蔵。旧型で言えばJumper T16 Proに相当します。
PCとの接続にはUSB-Cとなり、充電も兼ねるそうです。ひょっとしたら今の所謎なJumper-TX T8SGもUSB-Cポートからの充電に対応しているのかも知れませんね。

T8SGはすでにBanggoodで発売中で、発送されているので2月にはレビューできそうです。
技適マークが最初からついているかどうかが最優先チェック事項ですね!
T16Sについては、ちょうど春節と被ってしまったからか、まだBanggoodやMakerfireなどにも登場しておりません。
本家サイトでも具体的な販売価格やショップ情報は載っておらず、現在取り扱ってくれる店舗を募集しているところといった感じ。

お値段については、現行T16シリーズよりも安くなるという情報も入ってきています。

T12どうなった!?

Jumper-XYZのラインナップ、残るはT12シリーズなんですけど、こちらを引き継いだブランドは、まだ見つけられていません。
T8シリーズの小ぶり感で、deviationではなくOPEN-TXなのがT12。
こちらの販売継続を願っている人も少なくはないはずなので、わかり次第お知らせしたいところです。

Jumper T12って、すでに製造も販売も終了しているみたいなんですよ。国内ショップなどで在庫が残っていれば良いのですが。

JP4in1マルチプロトコルモジュールどうなった!?

せめてこれだけはキープしておかないと!
JP4in1についても引き継いだブランドが見つけられていません。競合ブランドにはiRangeがありますが、あっちはそもそも技適を取ってないんです。
モジュール市場に限って言えば、iRangeの方がTaranis X-Lite専用モジュールも出しているなど、多彩なんですけどね><

JP4in1はBanggoodにまだ在庫はあるみたいですし、持っていない方は絶対買っていて損は無いはず!
新型Jumper後継機はもちろん、Taranisとかにも付けられますからね!

Jumper JP4IN1 Multi Protocal Radio Transmitter Module Compatible OpenTX for Frsky JR

今後の国内マルチプロトコル事情はどうなってしまうの!?

春節休業中なので新たな情報は今月内には入ってこないんですが、ニューカマーいずれも技適取得品なのかはわからず、取得する予定もわかっていません。
JumperがT8SGでブレイクスルーするまでは、「海外でプロポは買うな」と言われるくらい、技適マーク付きなんて考えられなかった時代が長く続いていました(長くって言っても私がこの沼に足を踏み入れたのは2014年。そこからの情報なわけですがw)。
マルチプロトコルプロポはiRangeからも発売されていますが、こちらは技適ついていませんし、今の所技適をとる予定も無いそうです。
振り返れば、「技適祭り」と名されるように、事前に技適マーク付きである事が告知されたのではなく、「買ってみたら技適マークがついていた!」から始まったブレイクスルーだったんですよね。
約1年間の出来事。このまま終わってしまうかも知れませんよ。

ただ、マルチプロトコルじゃありませんが、海外プロポでも技適取得済みは存在するようになっています。

現時点ではT16シリーズは製造終了、ですがPlusとProの在庫はまだあって絶賛発売中。T8シリーズはカーボン柄の生産も終わり、最後の入荷があって、絶賛発売中。
JP4in1モジュールについても同様と推測されます。

技適付きが確認できている送信機紹介

マルチプロトコル送信機はJumper製品一択でした。レーシングドローンについてはレシーバーが選択できるようになっており、その際にFrskyを選択したり、Flyskyを選択したりすればなんとかなるんですけどね。
FUTABAであればSFHSSなんですが、最近Meteor65やMobula6で流行中のJESC化とかEmuflight化などのファームウェア書き換えは、Frskyじゃないとマズいみたいで、SFHSSでの運用は不可能だそうです。
なので私は、Frskyに絞り込んで手持ちラインナップを選ぶ事をおすすめします。

Flyskyについては、国内ショップにて技適付きのニルバーナが発売中です。これを海外ショップで買っても技適マークはついていないし、Flyskyにお願いしても発行はしてもらえないという話を聞いています。

DSMXという選択肢もあります。こちらも国内ショップにて技適付きのものが発売されています。如何せん私、DSM系プロトコルなドローンは尽く裏切られていて、バインドできずじまいだったり、T8SGでまともに飛んでくれなかったりとかだったので、私自身がきっとまともにサポートできないとしておすすめしていないです。
今更Blade Inductrix FPVを購入するというのもナンセンスですからね〜。

FrSky Taranis X9 Lite S 2.4GHz 24CH ACCESS ACCST D16 Mode2 Transmitter G7-H92 Hall Sensor Gimbal PARA Wireless Training System for RC Drone

多分春節あけ早々にも入荷されると思います。
X9 Lite SはACCESSとACCST D16をサポート。D8はサポートしていないので注意ですね。
Banggood出資による技適取得ですので、Banggood以外での購入ですと技適マーク無しの可能性が高いです。

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition 2.4GHz 24CH ACCESS ACCST D16 Mode2 Hall Sensor Gimbal Transmitter

ヤバイ売り切れちゃった!
再入荷の可能性についても聞いておかねば><

FrSky Taranis X9 Lite 2.4GHz 24CH ACCESS ACCST D16 Mode2 Classic Form Factor Portable Transmitter for RC Drone

うへぇ。こちらも入荷待ち状態。結構出ていたんですね実は><

X9Dシリーズ、X-Liteシリーズ、X7シリーズ、世界的にはこれらのラインナップも人気なんですが、そちらはなんの理由か技適取得予定は無いそうですorz

中華フープ、Silverware系エントリーにはMakerfire!

Makerfireが重い腰をあげてやっと取得されたのは、Bayangプロトコル対応おもちゃコントローラーの技適。

Makerfire Armor 65 Lite NotFastEnuf/NFE_Silverware Bayang Protocol GITEKI Mark (TELEC Certification)

DIYキットのTransmitterにも同じものが使われていますが、パッケージが間に合わなかったそうなので、発注の際に技適マークを付けるようお願いしてください。
Armor65 Lite RTFもまだ技適マークのついていないパッケージが紛れ込んでいる状態らしく、私も先日購入したんですけどマークついてませんでしたw
ショップに連絡すればデータとして頂けますので、プリントして貼り付けちゃって対応してください。
ってことは、お子様にコントローラーだけ買い与えて、Bayangプロトコルなドローンで遊ばせるなんてのもアリ?w

Skydroid T12 2.4GHz 12CH Intergrated Control Video and Telemtry System 20km Range Transmitter with R12 Receiver and Camera for RC Drone

空撮機だってDIYしたいって方は少なく無いと思います。
こちらの送信機、カメラレシーバーもちゃんと技適とってます。
20kmレンジって一体どこまで…w
今年はこの送信機を採用したドローンがRTFで出るかも知れませんね。

技適未確認ですが期待したい送信機

SNSにこんな写真が。

BETAFPVのロゴが入ったコンパクトでシンプルなプロポが写ってます!

液晶画面がない、でもスティック周りはちゃんとしてそう。Taranis X-Liteを彷彿させる小さなスイッチがチラミエしています。
このサイズ感、X-Liteファンな方にはかなり魅力的に感じられるんじゃないでしょうか。
液晶画面が無い分、きっとお値段にも期待できると思います。
「これでええやん」
なプロポになってくれる事にも期待。

BETAFPVショップサイトにはまだお目見えしておりません。

問い詰めておきたいと思いますw
もう売り切れちゃってますけどTX02ってファームウェア書き換えでSFHSSにもなるという。誰得w
ちなみに私、それやろうとして失敗して文鎮化しています><

暗雲立ち込める今後の国内レーシングドローン事情

いろいろダラダラと書いてしまいましたが、国内送信機事情には暗雲が立ち込めている事を知ってください。
コスパ最強だったJumperプロポは、現在流通しているもので終わる可能性が高い事、後継ブランドが果たして技適を取得しているのかが不明な事、今の所他の選択肢がかなり限られている事、新しいファームウェア群はSFHSSをサポートしていない事などネガティブ要素満載なんです><

現行モデルもほとんどが製造を終了しています。今流通している分があるうちは楽観視していても良いですし、みなさんすでに「マイプロポ」を持ってるでしょうから。とりあえずはそのプロポがぶっ壊れない事を願いつつ。
これから始める人は苦労するかもですね。
無難にFUTABAという手もあるでしょう。が、今後出る魅力的なドローンが全部SFHSSをサポートしてくれるとは限りませんし、マルチプロトコルをFUTABAはサポートしていません。世界的シェアを誇るOPEN-TXでも無いんです。

魅力的な新型が市場投入され、それに技適がついていれば一安心ですが、そうじゃなかった場合を思うと、怖いですね。

Follow me!

コメントを残す