Ux65 いろいろ試す

本当ならEachine Trashcanの外飛ばしに興じたかったんですが、こちら生憎の天候。今も轟々と風が鳴り響いてます。

そんなワケで古民家ステージでこちょこちょとやってました。

室内Whoopはもう65mm 1S ブラシレス、Ux65で決まりですね。慣れてしまえば本当に飛ばしやすいと思います^^
で、今日はこちらの2台を色々弄りながら飛ばしていました。

ベース機体:Eachine US65 UK65 65mm Whoop FPV Racing Drone BNF Crazybee F3 Flight Controller OSD 6A Blheli_S ESC
フレーム:Upgraded Beta65 Pro Micro Brushless Whoop Frame
モーター:0802 Brushless Motors
キャノピー&カメラ:BoldClash F02H Pro FPV Micro AIO Camera with Clear Canopy
プロペラ:31mm 4-blade Micro Whoop Propellers (1.0mm Shaft)

ベース機体:URUAV UR65 65mm FPV Racing Drone BNF Crazybee F3 Flight Controller OSD 5A Blheli_S ESC 5.8G 25mW VTX – Flysky receiver with 3 batteries
カメラ:不明w
キャノピー:Happymodel Mobula7 Spare Part Adjustable Camera Canopy for US65 UK65 Beta75X Tiny Whoop FPV Racing Drone
プロペラ:写真はJJRC H67なのですが、最初はUR65付属の三葉ペラつかってました。

バッテリーはどちらもBETAFPVの300mAh 1S HVバッテリー

まず、0802モーターに換えたUS65。重さはUR65よりも重たくなっているにも関わらず飛行時間が4:00に。私のバッテリーがへたりだしているのもあるかも知れませんが、大阪では似た組み合わせのものが5分弱飛んでいたんですよねー。
で、0603モーターなUR65ベースの方は、3:00が関の山!?
ぐぬぬー。こいつも0802モーターに換えるべきなのか!?

ここで第一のあがき、「プロペラを三葉から四葉へと変更」してみました。
そうしたところ、動きが少しマイルドになった手応えが。飛ばしやすいです。

0802にすると耳障りな音の度合いがあがってます。はい、うるさいw
まードローンなんてモーターとプロペラ回して飛ぶんですから、静かなわけがないんですよねw
しかし飛行時間が延びたのは魅力過ぎます!

両方四葉となったところで、今度はモーターの逆回転を試みてみました。

BLHeliで機体と接続し、Reverseをかけて保存。っと、ファームウェアも最新のものを選んでアップデートしました。書き込んだら切断。さらに、BetaFPVに接続し、基本設定にてモーターを逆回転

飛ばしてみてちょっと「ん!?」ってなりました。マイルドさが無くなった?
ひょっとしたら外飛ばしというかAirモード等で真価が発揮されるのかも知れませんね。
逆回転は最近の2S Whoopではデフォルトで設定されていますし、こっちの方が何か効率が良いのかも知れません。mixi:ドローン友の会でも正回転で起きていた挙動の不安定が逆回転では無くなったという話も聞いた覚えがあります。

そんな感じで今日はここまで。天気が回復してくれることを願うばかりな今日この頃です。

Follow me!

コメントを残す