Radiomaster TX16S TBS付きがプレオーダー開始!

あんまり詳しく書かなくても良いですよね?w
パンツ泥棒が撲滅されないと、私もどんどんモチベ下がっちゃって…w
わかる人にはわかる「TBS MicroTX付き」。

RadioMaster TX16S Hall Sensor Gimbals 2.4G 16CH Multi-protocol RF System OpenTX Mode2 Transmitter with TBS MicroTX (Mode 2)

私が得ている話では、まだ技適は取れてないですが、Radiomaster自身はとるために既に動いていると。
あと、液晶画面部はタッチパネル化が可能だそうです。現状はOPEN-TX側が対応出来てない事と、タッチパネルのための機構が入ってない。
考え方としては、デザインがほんのり異なるJumper T16 Proという事でしょうね。
となると、既にAliExpress等でパーツも豊富に取り扱われている、T16のスペアパーツ類(スイッチやスティック、ダイヤル等)がそのまま使えるのかも気になるところです。

別にTBS Crossfireが付属しなくても、少しでも安い方が良いという方はコチラ〜

RadioMaster TX16S 2.4G 16CH Multi-protocol RF System OpenTX Potentiometer Gimbal

100ドルを切ってのこの装備。これは魅力です!
ただし、こちら何が違うかと言いますと、ジンバル。
ポテンショメータージンバルで、ホールセンサージンバルじゃないんです。
どちらもアナログにはアナログなわけですが、多分過去のJumper TXでもあったように、操作感の違いが出てくる事でしょう。
ほんと、こればっかりは蓋を開けてみないとわからないところなのです。

私はJumper T16を、ポテンションメータージンバルだったものをホールセンサージンバルへと交換し、T16 Plusにしています。確かに操作感は向上しています。
差額としても20ドルですから、予算がある方は最初からホールセンサージンバル版にする事をおすすめします。

あと、99ドル版はタッチパネル化に対応しているのかが、現時点でわかっていません。
Jumperのこれまでを考えると、結構簡単に交換が出来て、99ドル版であっても、グレードアップは出来そうに思ってはいるのですが><

Jumper T16は結構人気で、既に多くの方がオーナーとなっており、FacebookでもT16のコミュニティがあるくらい。
(オープンかな?クローズかな?)
黒色多めで硬派な印象が強いRadiomaster。「フルサイズなマルチプロトコルプロポにしたい」ってお考えの方、今のうちからオーダー入れて、最新モデルを堪能されるというのも一興かと思いますw

OPEN-TXなので、設定操作等は、他モデルとも統一されていますしね^^

Follow me!

コメントを残す