気になる!低価格85mm シネマチックウープ Happymodel CINE8 爆誕!

パーツ寄せ集めると高くつくのに、組み立てキットで買うと安くあがる不思議。
最初からInsta360 GOマウントも付属し、85mmで安定したフライトが楽しめる組み立てキットがHappymodelから登場。
Makerfireでは早速クーポンコード付きで販売開始となりました!

Happymodel CINE8 85mm Brushless Cinewhoop DIY KIT

DIY Kitでかなりのコスパを実現

単に85mmのダクトフレームバンパー付きCinematicWhoopって考えで他製品と比較すると、50ドルくらい安いのが実感できます。
構成されるパーツにも不満なし!

スペック

Brand Name: Happymodel
Item Name: Cine8
Wheelbase: 85mm
Size: 145mmx140mmx23mm
Weight: 73g(without battery)
Weight: 99g(with Insta360)
Receiver option:
Internal SPI Frsky version (Compatible with Frsky ACCST D8/D16, S-FHSS, Redpine)
External Flysky Fli14+ receiver version(Compatible with Flysky AFHDS-2A protocol radio)
External TBS Crossfire Nano receiver version

Motor:

Mode: EX1202.5 KV8000
Configu-ration:9N12P
Stator Diamter:12mm
Stator Length:2.5mm
Shaft Diameter:Φ1.5mm
Motor Dimension(Dia.*Len):Φ14mm*14.5mm
Weight(g):4.4g
No.of Cells(Lipo):2-3S

Propellers:

Material:PC
Weight:0.91g
Pitch:2in
Props Dia:50.3mm
Center Thickness:4.5mm
Center Hole Dia:1.5mm 3 holes

Flight controller:

(Frsky SPI RX version) CRAZYBEEF4 V3.1 FC  Firmware target: CrazybeeF4FR
(S-FHSS SPI RX version) CRAZYBEEF4 V3.1 FC  Firmware target: CrazybeeF4FR
(Redpine SPI RX version) CRAZYBEEF4 V3.1 FC  Firmware target: CrazybeeF4FR
(External Flysky Fli14+ RX version) CRAZYBEEF4 V3.1 FC  Firmware target: CrazybeeF4FR
(External TBS CRSF NANO version) CRAZYBEEF4 V3.1 FC  Firmware target: CrazybeeF4FR MCU:STM32F411CEU6 (100MHZ, 512K FLASH)
Sensor: MPU-6000(SPI connection)
Board size: 28.5 * 28.5MM
Power supply: 2-4S battery input (DC 2.9V-8.7V)
Built-in 5A(each) Blheli_S 4in1 ESC Dshot600 ready
Built-in Betaflight OSD(SPI Control)
Built-in 5V 1A BEC

Onboard 4in1 ESC:

MCU upgraded to EFM8BB21
Power supply: 2-4S LiPo/LiPo HV (7v/17v)
Current: 12A continuous peak 15A (5 seconds)
Support BLHeliSuite programmable
Factory firmware: F_H_40_REV16_8.HEX
Default protocol: DSHOT600

Onboard Frsky SPI D8 receiver Version:

CC2500 Hardware
Compatible with FrskyD FrskyX Frsky_X_LBT SFHSS REDPINE protocol
Channels: 8ch
Failsafe support
Diversity 2.4G receiver system
No ground interference: above 300meter

External Flysky Fli14+ receiver:

Channel: 14
Protocol: AFHDS-2A
2.4G Mode: The second generation of an enhanced version of the automatic FM digital system
Antenna Length: 50mm  (single antenna)
Input Power: 4.0-6.5V DC
Weight: Only 1g
Size: 19.5mm*12mm*5mm
Color: Black
Signal Output: IBUS
RSSI Output: Channel14
No ground interference: >500m

External TBS CRSF Nano receiver:

Original TBS CROSSFIRE Receiver  ,CRSF Protocol , Official TBS transmitter compatible

5.8G 400mw VTX:

Output power: 25mw~400mw switchable
Frequency: 40CH
Input voltage: 3.3V 5.5V
Current consumption: 400mA(type)
Frequency: 5.8GHz 5bands 40 channels
With Race band 
SmartAudio ready

Caddx ANT 1200tvl camera:

Image Sensor: 1/3″ CMOS Sensor
Horizontal Resolution: 1200 TVL
TV System: NTSC or PAL 
IMAGE: 16:9 or 4:3
Synchronization: Internal
Electronic Shutter: PAL: 1/50~100,000; NTSC: 1/60~100,000

S/N Ratio : >52dB (AGC OFF)
Video Output: CVBS
Lens: 1.8mm
Min. Illumination: 0.001Lux@F1.2
Auto Gain Control: YES
BLC: YES
WDR: Global WDR
DNR: 3D DNR
Dimensions: 14*14mm(with bracket to 19*19mm)
Wide Power Input: DC 3.7-18V
Work Temperature: -20℃~+60℃
Weight: 2g (N.W.)

Package includes:

Cine8 Frame*1
Option1: CrazybeeF4 V3.1 SPI Receiver version compatible FrskyD8/D16 S-FHSS*1
Option2: CrazybeeF4 V3.1 with External Fli14+ receiver*1
Option3: CrazybeeF4 V3.1 with External TBS crossfire nano receiver*1
Happymodel EX1202.5 KV8000 brushless motor*4
Gemfan D51(2020-4) Cinewhoop Props*1
Caddx Ant 1200TVL Global WDR with OSD 2g Ultra Light Nano FPV Camera*1
5.8G 25mw~400mw Whoop_VTX_HP*1
TypeC USB Adapter*1
Tattu 3S 11.4V 450mah battery*1

Note:Insta360 go is not include.

注目どころ

パーツキットですが、ハンダ作業は一切不要っぽい

全てがPNP(プラグアンドプレイ)らしく、ハンダ作業は不要みたいです。これならお子様でも組み上げられそう!
組み立てながらドローンの仕組み的なところも学べそうなので、教材としても良いかも知れませんね。

カメラがCaddx ANT

まず、FPVカメラがCaddx ANTであるところ。1200TVLで見やすいと評判です。Caddx ANTの初期ロットと思われるものには、Caddx コントローラーによる設定変更時にフリーズするバグがあるとの報告も入っていましたので、それが今回のものでバグフィックスされているかが気になるところです。デフォルトでも充分綺麗ですので、設定変更を考えていない人にはさほどの問題ではないのですが。

ダーバーシティレシーバーですと!?

従来のCrazybeeFCは概ねオンボードレシーバーで、FrskyD8。あ、オプションで他のプロトコルも選べますが。いつも指摘されるのはそのリモート距離で、ひどい場合だとほんの十数メートルでRC LOSSくらう事も。これ、諸説あるんですが、VTxとの電波干渉とか、プロトコルのバグとか、アンテナ品質とか。
で、写真をみるとアンテナが2本でているように見えるんですよ。XM+じゃないのにアンテナ2本。これがダイバーシティ(2つの電波のうち、感度の良い法を選んでくれる。「性的な多様性」の事じゃあございませんからw)というのであれば、期待せざるを得ないでしょう。

Redpineプロトコルもサポート

どうやらBetaflightファームウェアのバージョンは4.2かと思われます。TX16Sなどマルチプロトコル送信機オーナーな方は、是非ファームウェアを最新のものにして、体感ください。1msという遅延のない操縦感覚は、きっとクセになることでしょう。ちなみに私の場合は、Crux3や65mm WhoopなどでRedpineにシフトしましたが、正直違いわかんないやw
電波距離は改善したと思います。

重さが100g

バッテリーを除く重さが98.7gって見えます。Insta350 GOが20gでしたっけ。これは簡単に外せるものなので重さには含まなくてよいです。現行法では200g未満であれば色々適用除外という恩恵がありますが、改正されたらどうなるんでしょうね。

最大400mWなVTX

これでそこそこな屋外フライトでも映像ユンユンかと思われます。ノイズレスに期待したいですね。
映像の塩梅などはYouTube動画で公式がアップしているものを見れば一目瞭然ってやつです。

クーポンコード

ありがたいことに、私のためにクーポンコードまで用意していただけました!

クーポンコード「CINE8Toshi」で5%オフとなります!

期限とかは今のところないみたいなので、うまいこと活用してみてください。

というわけで私的にはコレかなり欲しいかもな1台です!
Insta360 GOマウントしか今は付属しませんが、いずれ神が降臨してThingiverseあたりにGoPro Liteマウントや、SMO 4Kマウントも作って公開してくれることでしょうし、その際の電源やコントロール線などの接続位置やBetaflight設定方法も公開してくれるものと思っています。

そんな感じで色々弄れる要素もありますし、飛ばしても組んでも楽しめるモデルだと思います!

Follow me!

コメントを残す