DJI FPV Goggles V2 登場!日本で普通に使える日は来るのか!?

日本が注目しなければならないのは2.4G !

DJI FPV Goggles V2

しかも早くもクーポン発行!

クーポンコード「MFFPV33」で$33.99オフとなります!

Features:
High definition,
Low latency,
Strong sense of immersion,
Long image transmission distance,
The package contains flying glasses batteries, fully charged can be used for about 110 minutes.

Specification:
Flying glasses:
Weight: about 420 grams (including headband and antenna)
Dimensions:184 x 122 x 110 mm (without antenna)
                    202 x 126 x 110 mm (including antenna)
Screen size:2 inches*2
Screen refresh rate:144 Hz
Working frequency band:2.400-2.4835GHz
                                        5.725-5.850 GHz
Transmitting power (EIRP): 2.400-2.4835GHz*
FCC:≤28.5 dBm CE:≤20dBm
SRRC: ≤ 20 dBm MIC:≤20dBm
5.725-5.850 GHz*
FCC:≤31.5dBm CE:≤14dBm
SRRC:≤19dBm
*Used with DJI FPV air terminal, only supports 5.8Ghz.

Image transmission mode:
Low latency mode: 810p/120fps, the latency is less than 28 ms
High quality mode: 810p/60fps, with a delay of less than 40 ms
Video format: MP4 (Video format: H.264)
Support playback file formats: MP4, MOV, MKV (video format: H.264; audio format: AAC-LC, AAC-HE, AC-3, MP3)
Working environment temperature: 0℃ to 40℃
Power input: use DJI flight glasses special battery or other 11.1-25.2 V batteries
FOV: 30°-54°, ​​and support to adjust the screen display ratio can be adjusted between 50%-100%
Interpupillary adjustment distance: 58-70 mm
Support memory card type: microSD, maximum support 256GB

Flight glasses battery:
Capacity:1800 mAh
Voltage:9V max
Type:LiPo 2S
Energy:18 Wh
Charging environment temperature: 0℃ to 45℃
Maximum charging power: 10 W
Battery life: about 110 minutes (ambient temperature is 25℃, screen brightness is 6)Package Included:
DJI FPV Goggles V2 (including mask) × 1
DJI FPV flight glasses battery x 1
DJI FPV flight glasses power cable (USB-C) × 1
Dual-band antenna × 4
Headband × 1
USB-C data cable × 1
Drawstring pocket × 1

もう技適が通っていて、製品についている事もわかってる。ゴーグル映像が綺麗なのも、デジタルFPVで遅延が無いのもわかってる。

わかってないのは、

現行DJI FPVモジュールは5GHz帯でしかも業務電波帯だから特殊陸上無線資格と、さらに何万円も上納金納めて開局しないと使っちゃダメなわけだけど、今度のDJI FPV Goggles V2は2.4GでもFPV出来るから、誰もが利用して良いのだけれど、それ用のVTxはどうなってんの!?

って事なんですけどね><

現行DJI Gogglesには、Caddxからも互換モジュールが登場していた

Caddx Vistaはデジタル5.8Gモジュール。対応しているゴーグルはDJI Gogglesのみ。もちろん国内では業務開局手続きが必要なのでホビーユースは出来ませんでした。つまりは、総務省が仕事しないばっかりに、日本はこのジャンルでも世界においてけぼり、と言う事。

V2となり対応電波帯が2.4Gも加わったのは、DJIが日本市場を見捨てていなかったと言う事でしょうかね。
2.4GでFPVする国なんて私聞いた事が無いです。
V2のレビューもぼちぼちYouTubeにあがっているみたいですが、そこで2.4Gの方をきちんと語っているソースはみつけられずにいます(つか、値段高すぎるアイテムなのであまり私には興味というものが無いw)。

ちなみに、FuriousFPVが2.4Gアナログ通信によるFPVソリューションを販売していて、FatSharkなど既存のゴーグルで運用できるものなのですが、肝心の技適が通ってなくて日本での利用は出来ませんでした。
その旨を数回FuriousFPVに連絡しているのですが、「検討する」との返事のみ。もう2年たってますぜw

日本はDJI排除の動きをみせているが

「中国企業がもしかしたら政府にデータを横流ししているかも知れない、もしくはしている」というのは今にはじまった事じゃないです。スマホやPCなど通信機器では何度かニュースになってましたが、排除する方向を言い出したのはDJIドローンにのみって、なんともおかしな、いや、きな臭い感じがします。
その代わりが国産品で存在するならまだしも。
DJI排除を最初に言い出したのは、嘘をネットに垂れ流して死者まで出させた極悪大統領。それを鵜呑みにして良いものかも、今となっては迷いどころですね。
実際DJIはこうして日本でもドローンを「楽しめるよう」努力してくれています。値段高いけど。

一方日本企業はというと、どこぞの$999なドローンをカスタマイズして、販売ではなく貸し付けるという悪徳商法で乗り切ろうという魂胆。そっちの方がよっぽど悪意に満ちている気がして、私はしょうがないのです。ほんと、改心してほしい。

と言う事でDJIに期待して!

まだDJI FPV Droneの発売も詳しい仕様もわかっていないウチな話なので、「今すぐ買いましょう!」とは私の口からは言えませんが、今度こそ誰もがFPVを楽しめる時代が来るんじゃないでしょうか。
道楽に対してゴーグルだけで$699はいささか高額な気もしますが、それくらいに先進的なソリューションなんだと納得するしか無いでしょうね。

Follow me!

コメントを残す