Happymodel Crux35 爆誕!

SMO4Kクラスのアクションカメラ搭載もオッケーな3.5インチToothpick登場です!

HD版。

HDバージョンは電波法の関係で日本での使用は絶望的。なので16,024円で買えるアナログ版に注目してます。またSPIExpressLRS版も、電波法の関係で…。

CRUX35は超軽量の3.5インチFPVフリースタイルFPVレーシングドローンで、ドローン全体の重量はアナログバージョンでわずか87gです。Crux35シリアルドローンはHappymodelEX1404高効率モーターとHQPROP3.5インチ3ブレードプロペラを使用して 最も効率的な前提の下で最大の推力重量比。これにより、スムーズなフリースタイル飛行体験を実現できます。

アナログバージョンにはCADDXFPV ANTカメラが搭載されています。

レシーバーのバージョンは、SPIExpressLRSおよびSPIFrsky(S-FHSS互換)から選択できます。

ExpressLRSは、これまでで最も人気のあるRCリンクシステムであり、Crux35およびCrux35HDで非常に優れたパフォーマンスを発揮する可能性があります。


特徴:
超軽量3.5インチBNF FPVフリースタイルドローン
アナログビデオ送信はオプションです
統合されたExpressLRSSPIレシーバーまたはFrskySPI D8 / D16レシーバー
高効率EX1404電源システム
NakedGoproまたはSMO4Kを装備できます
3-4Sバッテリーをサポート4S 750mahバッテリーを推奨、最大サポート4S 1100mah


仕様:
ブランド:Happymodel
製品名:Crux35
ホイールベース:150mm
重量:Crux 35 87グラム
   Crux35 HD 108gram
サイズ:130mmx130mmx45mm(プロペラなし)
レシーバーオプション:SPI ExpressLRS 2.4GHz
           SPI Frsky D8 / D16(S-FHSS互換)
カメラ:アナログバージョンCaddx Ant + OVX303 VTX
飛行時間:9分〜15分4秒 750mahバッテリー


モーター:
モード:EX1404
KVオプション:KV 3500
構成:9N12P
固定子の直径:14mm
固定子の長さ:4mm
軸径:Φ1.5mm
モーター寸法(直径長さ):Φ15mm 15mm
重量(g):9g


プロペラ
プロペラの直径:3.5インチ
ピッチ:2
ブレード:3
材質:ポリカーボネート
重さ:1.5g
ハブ径:10mm
ハブ厚さ:4.7mm
シャフト:1.9 / 1.5 / 1.9mm
アダプターリング:いいえ


フライトコントローラー(Frskyバージョン)
MCU:STM32F411CEU6(100MHZ、512Kフラッシュ)
センサー:MPU-6000(SPI接続)
ボードサイズ:28.5 * 28.5MM
電源:2-4Sバッテリー入力(DC 8V-17V)
内蔵20A(各)Blheli_S 4in1 ESCDshot600対応
内蔵のFrskyD8 / D16SPIレシーバー
内蔵2.4Gパワーアンプ
内蔵のBetaflightOSD(SPIコントロール)
内蔵電流計
内蔵5V1.5A BEC
内蔵電圧検出
ファームウェアターゲット:MATEKF411RX


オンボード4in1ESC
MCUがEFM8BB21にアップグレードされました
電源:1S LiPo / LiPo HV
電流:5A連続ピーク6A(3秒)
BLHeliSuiteプログラマブルをサポート
工場ファームウェア:O_H_5_REV16_8.HEX
デフォルトのプロトコル:DSHOT300


オンボードSPIFrsky 2.4GHzレシーバー(Frskyバージョン)
SPIバスレシーバー
Frsky D8 / D16 / EU-LBT /、Betaflightで切り替え可能なFutaba S-FHSS
チャンネル:8ch / 16ch
デュアルアンテナ
フェイルセーフサポート
接地干渉なし(送信機と受信機は地面から1 m):400m


Caddx ANT 1200tvlカメラ(アナログバージョン)
イメージセンサー:1/3 “CMOSセンサー
水平解像度:1200 TVL
TVシステム:NTSCまたはPAL
画像:16:9または4:3
同期:内部
電子シャッター:PAL:1 / 50〜100,000; NTSC:1 / 60〜100,000
S / N比:> 52dB(AGC OFF)
ビデオ出力:CVBS
レンズ:1.8mm
最小 イルミネーション:0.001Lux@F1.2
自動ゲイン制御:はい
BLC:はい
WDR:グローバルWDR
DNR:3D DNR
寸法:14 * 14mm(19 * 19mmまでのブラケット付き)
ワイドパワー入力:DC 3.7-18V
作業温度:-20℃〜+ 60℃
重量:2g(N.W.)


VX303 5.8Ghz VTX(アナログバージョン)
モデル:OVX303
周波数:5.8G 40CH
送信電力:0 / RCE / 25mw / 100mw / 300mw
電源:DC 5V
電流(5v):<650ma(300mw)
重量:アンテナなしで1.5グラム


パッケージは以下を含みます:
1 * Crux35フレーム
オプション1:ELRSX1フライトコントローラー
オプション2:CrazyF411フライトコントローラー
1 *アナログFPVカメラCaddxAnt
1 * Happymodel OVX3035.8GアナログVTX
4 * Happymodel EX1404KV3500ブラシレスモーター
1 * HQProp T3.5X2X3Grey(4cw + 4ccw)
1 *スクリュードライバー
1 *バッテリー用バックルベルクロ


SMO4Kを積んだCrux35(多分HD LR版)の飛行動画

お馴染みのHappymodel社屋周辺での飛行w
飛行時間は9分〜となってますが、SMO4Kを載せても8分くらいは飛んでくれるみたいです。
しかしこんな飛ばし方が出来る現地、うらやまし過ぎる><

憶測ですけど搭載FCはきっとSBUSを用意してる事でしょうから、XM+に増設してもうちょっとリモート距離を伸ばしたいところ。きっと取扱説明書にFCに用意されているランドがわかる写真が添付されている事でしょう。
お手軽にフリースタイルを楽しみたい方へ、今最もニーズにマッチしたモデルは、このCrux35かと思います。
入荷予定は9/25ごろ。追加の情報が入り次第また告知いたしますが、Happymodel製品って結構すぐ品薄になってしまうので、プレオーダーかけておく事をお勧めします。

Follow me!

コメントを残す