BETA65X 2S フルハイビジョン化は実用的では無かったorz

前の記事で紹介したフルハイビジョン65mmWhoopを外で飛ばしたんですが、まー持たないw
ダメっすわ><

このソリューションは、もう少しカメラが軽くなるか、電池食わなくなるかしないと、導入は厳しいですねー

せめて3分飛んで欲しい…。
またバラして元に戻せるだろうか私。

例によってお見苦しい映像でございます><

ついで(?)にBETA75X 2S+RunCam Split miniの方も飛ばしました。
こちらは2〜3分飛んでくれますから、こっちの方がやっぱり実用的ですね。

YouTubeに動画を公開したところ、素敵なアドバイスをいただきました!

プラグをXT30とすることで飛躍的に飛行時間が伸びるそうです!

むむ。BETA65X 2Sのフレーム、1S 300mAhが平行に2本刺さる仕組みになってて、なんかクールって思ってましたので、ここは別のフレームを用意してがっつり切り落とし、2S 350mAhあたりをバンドで巻く作戦にした方が良いかもしれませんね。実行は来年かなー><

Follow me!

BETA65X 2S フルハイビジョン化は実用的では無かったorz” に対して1件のコメントがあります。

  1. SZmtana より:

    そうですね。コネクターを触るとなま暖かく感じた事は有りませんか・・・
    原因は、接触部が抵抗と成り熱にかわってその分電力消費も多くなって飛行時間が短くなると言われていますね🕵️

    >プラグをXT30とすることで飛躍的に飛行時間が伸びるそうです!

  2. SZmtana より:

    テールランプ(LED)75xは見かけた事ありますが
    65で付くフレームあったのですねφ(..)メモメモ
    どんな形のモノだろうか? 小さい whop増殖中!ぶつぶつ

コメントを残す