Eachine US65 Pro 爆誕!

全国のEachineファンの皆さんこんばんは。
ついに「新型」がお目見えです!

Eachine US65 DE65 PRO 65mm 1-2S Brushless Whoop FPV Racing Drone BNF CrazybeeX F4 FC CADDX ANT Cam 0802 14000KV Motor

65mmのスタンダードと言われ続けていたUS65。
旧型はF3なFCだったため、最新のBetaflightファームウェアが入らなかったりで、さすがにオワコン扱いする人も。
で、「Pro」となってもう初心者を切り離した感もあるネーミングになって帰ってきたEachine US65 Pro。ブラッシュアップされたところをまず注目してまいりましょうか。

FCは最新のCrazybeeX F4 FCを搭載

既にMakerfire Shopで発売中のHappymodel Crazybee Xかと思われます。

Happymodel CrazybeeX 4in1 AIO Flight Controller Built-in ESC/VTX/Frsky SPI RX/OSD for 1-2s Whoops

1枚の基板にVTxもRxもESCも詰め込んだ上に、1S-2S対応というキャパシティーの広さ。
ただし、注意書きが添えられいます。

Important: Not compatible with big propeller like 65mm/75mm when use 2s battery . Recommend max size of propeller is 55mm.

「2S運用時での65mmや75mmといった大型サイズのプロペラには未対応。最大プロペラサイズは55mmまで」
って事かな?つまり2.5インチや3インチプロペラには使えないって意味でしょうね。

後述しますが、Eachine US65 Proからピッグテールの規格が変わってしまいます。で、このHappymodel Crazybee Xは果たしてどうなのかを確認したいところなのですが、不明。

オンボードVTxの出力は25mW。
ESCは5Aで3秒の6Aにも対応(ちょっと意味わかんないやw)。
BLHeliHeliはS_H_90_REV16_7.HEXでDSHOT600がデフォルト。
RxはFrsky D8、D16、Frsky X LBT、Futaba S-FHSSに切り替え可能(Betaflight4.0.5以上のファームウェアバージョン時)。

本体の重さ、24g

もうどこまで軽くなるのよ!って感じですよね><
ちなみにUS65旧型にはご存じ星条旗っぽい柄がプリントされていましたが、あれ、うすめ液などで落ちるそうで、全部おとすだけで1g弱の軽量化が可能だったそうですw

果たして今回もその軽量化策が通じるかはまだ分かりませんが。

カメラは最新Caddx Ant

1200VTLが65mmでも当たり前になるんですね!

Caddx Ant 1.8mm 1200TVL 16:9/4:3 Global WDR with OSD 2g Ultra Light Nano FPV Camera for FPV Racing RC Drone

2gっすよ2g!それでいて1200TVL!たしかどなたかがレビューしていたはず。

これで映りっぷりは確認できますかね。

モーターはNX0802 – 14000KV

2Sを基準に考えられているのでしょう。KV値も14000となっています。NXってなんだろう。シャフト径は1mm。

プロペラはGemfan 1219-3

はい、予想通りMobula6などと同じくGemfan。既に予備として結構持っている人も少なくないはずw

京と出るか吉となるか!?新規格バッテリー採用

ピッグテールにご注目。1S x 2本構成です。1S運用を考えている人も居ますでしょうけど、モーターで分かる通り、2Sでの運用をメインとしていると考えられます。あれかな?屋内だと1Sでどうぞ、みたいなやつかな。

しかしこのPH2.0でもBT2.0でもない感じのプラグ。どうなっているのでしょう。なぜここにきてPH2.0を見切ったのか。UZ65はPH2.0でしたぞ!?

販売ページになんか書いてあります。

Note: The first 200pcs whoop will ship with GNB27 2.0 plug.  It will be exchanged to ET2.0 plug after sending the first 200pcs.

「最初の200個はGNB27 2.0プラグを、その後はET2.0プラグに変わる予定です」ですと!?
検索しましたらGNBサイト(Alibaba)が引っ掛かりました。

https://gnbrc.en.alibaba.com/product/1600059079742-819389253/GAONENG_GNB27_1S_3_8V_3_7V_450MAH_520mah_550MAH_600MAH_650MAH_LiPo_Battery.html?spm=a2700.icbuShop.41413.9.30c6795cLU7bij

で、ET2.0は色々思い当たる単語加えて軽く検索してみましたが、ヒットせず。
名前からして「BETAFPVが出しているBT2.0に対抗したEachineオリジナルなプラグ」って気がしてなりません。もうBT2.0とか、ダイレクトソリッドなPH2.0じゃダメなの!?
バッテリーの種類増やしたくないんですケド…。

きっとかなりのパフォーマンスに自信があるから仕様変更するのでしょうけど、パフォーマンス比較を誰かがしてくれるのを見守る必要があるとは><

かっこいいキャノピー

なんか、ずんぐりむっくり感が無くなって、シュッとしてません?w

カメラ角度が変更できるみたいですし、排熱の事を考えてか、サイドからバックにかけて思い切って開けているところもなかなか。

で、付属するバッテリーが謎なんですが、最初はGNB27で2本ピッグテール。もしかしたらET2.0って、上の写真にあるみたいな2Sバッテリーとなるのかも知れないですね。
一応BT2.0も1S-2Sが流せるプラグらしいのですけれども。繋ぎ間違えとかちょっと気にしなければならないかもしれませんね。って、US65 Proは1S-2S対応で、他にET2.0プラグ採用モデルはまだ出ていないんでした><w

最初の200個に手を出して、それが大当たりパフォーマンスで「GNB27良いよ!」って事になるのか、セカンドバッチかと思われるET2.0が出たところで買って、「ET2.0良いよ!」って事になるのか。
いやはやEachineさん、腹括っていきましょうよ!w

もう一種類の柄はドイツ!?

旧型はUS65とUK65の2つからBNFセットを選び、後日発売となった各国の柄でお好みに載せ替えたりするものでした。
今回はUK柄は不採用となり、DE柄(ドイツ?)がセンター(?)に。人気投票はいつ行われたのだろうw

UKがおろされたのは政治的背景じゃない…ですよね…?w

買いか様子見か

普通に2Sな65mm Whoopとなりましたっていうんであれば、Mob6は1Sオンリーですし、それでいてやっぱり外でちょこっと飛ばすには少ししんどいですし、かといって2SなBETA65Xあたりでいつも2Sというのも、屋内で飛ばす機会が減りそうで悩ましい。
そういう意味では1Sでも2SでもOKな(もしかしたら2Sオンリーかも知れないんですがw)US65 Proは、守備範囲が広く、ひょっとしたらProと付きつつも初心者からベテランまで楽しめる1台となっているとも考えられます。

ネックはバッテリー。っていうか新型プラグ。これ、容易に入手できるようになるのかというところと、パフォーマンスが飛躍的に向上するのか、手持ちの1Sバッテリー全部見捨てられるほどの魅力があるものなのかというところが判断の決め手になるかと思います。
いや~、まさかバッテリー規格まで変更してくるとは予想していませんでした><

Eachine US65 Proは間もなく入荷予定。現在入荷通知受付中です。

Follow me!

コメントを残す