BETAFPV HX115 SE Toothpick Drone しれっと爆誕!

これは普通に爆売れでしょうね!
発注入れる時めっちゃ重たかったのはそういう事!?

  • 1S 3インチToothpickドローン用に特別に設計されたF41S 12AAIOフライトコントローラーを装備。 このFCは、厳しい飛行要件を満たすためにより多くの電力を提供できます。
  • 超軽量39.15g、パイロットはBT2.0 450mAh 1Sバッテリーで3-5分の飛行時間を楽しむことができます。
  • BETAFPV BT2.0コネクタを搭載し、9Aの連続電流と15Aのバーストをサポートし、PH2.0コネクタは4.5Aの連続電流を使用します。 HX115SEつまようじドローンに安定したパワーと卓越した性能を提供します。
  • 110218000KVモーターと耐久性のあるHQ3020 2ブレードプロペラは、優れた飛行性能の基礎を築く非常に効率的な電力システムを形成しました。

仕様

アイテム:HX115SE Toothpick Drone
ホイールベース:115mm
重量:39.15±1g
モーター:1102-18000KV
充電コネクタ:BT2.0コネクタ
プロペラ:HQ 30202ブレードプロペラ1.5mmシャフト
フライトコントローラー:F4 1S 12A AIO FC
バッテリー:BT2.0 450mAh1Sバッテリー
VTX:A01 25-200mW VTX
カメラ:CaddxANTカメラ
カメラの傾き度:0-60°
受信機:デフォルトではSPI Frsky FCCD16
飛行時間:BT2.0 450mAh 1Sバッテリーで3〜5分

F4 1S 12AAIOフライトコントローラー

市場に出回っているほとんどの1Sフライトコントローラーには現在5AESCが付属しており、F4 1S 12A AIO FCは3インチ Toothpick Drone用に1S12AESCを特別に統合しています。 このFCを使用すると、パイロットは心配することなくHX115SEをすべてスムーズで強力な飛行アクションで飛行できます。

これ、外部レシーバーつけられますよね?(汗)

SPI Frsky RX

組み込みのSPIFrskyレシーバー(CC2500チップ)が付属しているF4 1S 12A AIO FCは、Futaba S-FHSS、Frsky D8、およびD16プロトコルと互換性があります。 デフォルトのプロトコルは、工場出荷時にFrsky D16FCCに設定されています。 パイロットは、BetaflightConfiguratorで必要に応じてプロトコルを設定できます。

CaddxANTカメラ

Caddx Antカメラは、1200TVLグローバルWDRを備えたFPVマイクロカメラで、重量はわずか2gです。 A01 25-200mW VTXと組み合わせると、25mW、100mW、200mWを含む高品質の5.8GHzVTXになります。 200mWの出力で、パイロットは最大400メートル離れた場所にドローンを飛ばして、より多くの可能性と楽しみを探ることができます。

Motor & Props

軽量110218000KVモーターを搭載したHX115SEつまようじドローンは、HX115 SEに強力な推力を提供し、ドローンを超高速かつスムーズに飛行させます! この高効率のパワーシステムは、耐久性のあるHQ 3020 2ブレードプロペラと組み合わせることで、優れた飛行性能の基盤を築きます。

PACKAGE

  • 1 * HX115 SE Toothpick Drone
  • 1 * BT2.0 450mAh 1S バッテリー
  • 1 * set of HQ 3020 2-ブレードプロペラ

もうコレ気持ちいい飛びは間違いないでしょう!
ちょっと面白いなってのは、BETAFPVにはC01というカメラがあったりするわけですが、CaddxAntを採用しているんですね。

悩ましいのが、1S 650mAhはHappymodel Moblite7のために数本もっていますが、1S 450mAhは2本くらいしか持ってなくて。

しかもPH2.0、BT2.0とあり、まだどちらにしようか決めかねていたりします><

冒頭にもいいましたが、既に発注ラッシュが始まっているようで、カート決済が重たかったです。
増産はされるでしょうけど、お気付きのとおり、BETAFPVって予定数終わったら販売すらなかった事にしますので、ご興味のある方はお早めに発注をお勧めしておきます!

Follow me!

コメントを残す