気になる!Eachine TRASHCAN はプレオーダー中だけど発注して置くが吉!

・Eachine TRASHCAN 75mm Crazybee F4 PRO OSD 2S Whoop FPV Racing Drone Caddx Eos2 Adjustable Camera 25/200mW VTX – Compatible Frsky Non-EU Receiver

このところ各社から2S Whoopでましたが、私はこれが一番かっこいいとおもってます^^
(Mobula7も気になってますけどねw)

フタバな方はPNPを買って別途S-FHSSレシーバーを用意しましょう。

押さえておくべきスペック

  • モーター:TC0803 KV16000
  • FC:CrazyBee F4 Pro
  • パワー:1S〜2S Lipo
  • ESC:6A(DSHOT600)
  • VTX:25W/200W Switchable
  • カメラ:Caddix EOS2
  • Smart Audio:対応

Mobula7はCrazyBee F3 Pro。この違いがまずどう出るか。

ESC、Mobula7は5Aと違いがあります。
カメラは同一品。

テールのLEDボードも「ゴミ箱」がかたどられていてなんかクール!w

パッケージに含まれるバッテリーは1S 300mAhのようです。プラグ付きではなくてケーブルでJST PH2.0プラグ。これってひょっとしたらピッグテールの長さも短いかも知れませんね。
ほら、私が数多くもってるバッテリーはBETAFPVの300mAhで、ケーブルレスなタイプですから。
2Sバッテリーでも使えるよう、XT30プラグも付属するようです。このところ、BETA 75Xを飛ばす事も多く、2S 350mAhも買い足そうかと考えている私、ここが悩みどころでもあります。1S 300mAh x2本の運用の方が、今の環境にはマッチしているのですが。


ちょっとまだ確定要素では無いのかも知れませんが、プレオーダー中にも関わらず、今日発送通知メールが届きました!

これってどういう事なんでしょうね。注文殺到していて生産が追いついていないのは想像がつくのですが、プレオーダーを受け付け続け、完成したら順次送っていると考えるのが自然かも。

なにせ100ドル切ってるブラシレス。しかも現在20%オフですからね。プレオーダー状態でも発注しておくが吉なんだと思います。

ものがちゃんと届いたら、もちろんレビューさせていただきます。
ただ、まだアカウントの方でみられるオーダーではまだ発送は乗っかってないんですよ。むむぅ。何かの手違いでメールを送りつけたのかもしれませんw

Follow me!

気になる!Eachine TRASHCAN はプレオーダー中だけど発注して置くが吉!” に対して7件のコメントがあります。

  1. SZmtana より:

    おぅ!
    情報提供ありがとうございます。一気に二三テーマかかえている性か頭が痛いですが部品が一部届いたので気晴らしに進めて行きます。今は、在庫なし注文受付で入荷待ちですかね?
    何処とも年末で税関大混雑して遅延かかってる
    到着予定を大きくオーバー気長に待ちましょう( ´-`)( ´-ω-)

  2. SZmtana より:

    お疲れ様です。色々と発見!
    75xテールランプ 無し(後付け可)、この赤いのは付いてますがブザーが見えません?
    Rxの選定は、Fr, without receiver(SFHSS)かなぁ~🌠 今日は、ここまで

  3. SZmtana より:

    お昼の一時から
    S-Busは利用出来ないのでしょうか?

    >フタバな方はPNPを買って別途S-FHSSレシーバーを用意しましょう。

    1. jizomae より:

      Banggoodのspecificationsをみると「SPI BUS」と「Serial Bus」とあります。現物みれば確実なのですが、多分BETA Flightで切り替えして保存すればS-Busいけるんじゃないでしょうか。ごめんなさい無責任な回答で><

  4. リンリン より:

    ドローンメーカー
    Jjrc sjrc とf11 X7 気になるのですが
    それほど買いたい思考にもならないのです。f11が機体が大きいので、モーターパワーがあるのかなと想像。
    GoProつけると良いかなと妄想です。

    なかなかこれとは思えないのですが、割り切りが必要かと思いますが、飛行の安定感優先ならどのように判断するべきか目安などありますでしょうか。

    1. jizomae より:

      最近はDJI OSMO Pocketを機体に積むというのも出始めて、オリジナル(?)な空撮機を目論む方も増えていそうですね。
      GoProって重さが100gくらいでしょうか。うん、どうしても重くなるから機体もどうしても大きくなりそう。
      3インチブラシレス3Sあたりでなんとか飛ばせるとか(情報うろ覚え過ぎ!)。
      GPSの信頼性をチェックする際の目安はグロナスとの併用(Dual GPSとか表現されたりしてます)かGPSのみか、さらにオプティカルフローや下方向へのセンサーがあるかないか、ですかねー。
      問題は、昨今のこのレベルのドローンは5G通信なんです。スマホによってはサポートしていない新基準のWi-Fiですので、せっかく買ったのに映像来ないなんてのも(HolyStone技適付きでもそんな問題があるそうですね)。
      飛行隊からの5G Wi-Fiはまだ日本では禁止だそうなので、そこも「なんとかせーよ!総務省!」だったりします。
      GoProより劣りますが、RunCamSplitMiniやCaddixTurtleですと15g程度なアクションカメラでもありますので、U199での空撮機(GPSレスキュー+高度維持)を自分で組み立てる事も、今では不可能じゃなくなってるようですねー

  5. リンリン より:

    jizomae様
    アドバイスありがとうございます。
    キーワードは5G

    取り残されていくのが、何とも歯痒い

コメントを残す