SNAPTAIN S5C サクッとレビュー

名前。「S5C」ってあるじゃないですか。「S」はSNAPTAINのSだと思います。「5」ってなんでしょうね。5インチプロペラ?んじゃあ「C」は?
SymaとかJJRCとか、かつてさんざん楽しませていただいていたブランドですと「C」は無線伝送の無いCameraのCで、Wi-Fiカメラは「W」が付いてたんですけども。
今やWi-Fiカメラが常識となったからカメラついていれば(それがWi-Fi伝送であっても)、「C」とつけるのでしょうね。

注意!トイドローンでも関係法令に気をつけて!

先に言っておかないと。これはトイドローンです。安く買えますし、販売店側も初心者・子供に対応可能とうたってます。
ただ、私はそうは思っておらず、初めての方や、経験の浅い方には、ベテランの方の指導のもと、飛ばして欲しいです。おもちゃでも事故れば業務用と同等の責任が問われますので、チュートリアルやマニュアルをしっかり読み、関係法令を学習した上でお楽しみください。

SNAPTAIN ドローン カメラ付き WIFI FPV リアルタイム 720P HDドローン 高度維持機能搭載 体感モード 3D VRサポート ワンキー起動/着陸 初心者 子供に対応可能S5C

今なら10%オフクーポンが!(なくなってたらごめんなさいw)
期間限定クーポン「YFL3F4TV」で2020年1月31までさらに300円の割引をうけられます。

国内電波認証済み

モチのロンで技適とってます。

たいてい真っ先に質問されるから私もついつい技適を前面に出してしまうw

高度維持機能付き

自立飛行性能としては、

  • GPSなし
  • オプティカルフローなし
  • 気圧センサーあり
  • ジャイロセンサーあり
  • 衝突回避センサーなし

と、まあお値段相応といったところでしょう。

U199(模型飛行機)なので「無人航空機」ではない

重さはたった130g。U199です。

無人航空機ではないので、航空法のマヌケでウザい制限から開放されます。まー都市部や意識の低い公園などでは、そもそもラジコンそのものを禁止しているところがあるので、飛ばす際はそういうところじゃない事を確認しましょう。

ギアダウン式ブラシモーター

モーターはブラシモーター。ギアダウンでプロペラを回すタイプなので、これがわかった時点でジェローは覚悟していました。結果はもちろんジェロー出まくりですw

リモート距離は100mくらいただしWi-Fiは…

リモート距離については100mといったところでしょうか。Wi-Fi伝送は数メートルレベル(多分電波干渉)なので、屋外でスマホでの操作は絶対にヤメておきましょう。

アプリ画面出ているついでに操作アイコンの補足を。左から、

  • トップ画面に戻る
  • カメラ撮影
  • ビデオ撮影
  • ライブラリへ(スマホに保存されたカメラとビデオの再生)
  • レート変更(30%、60%、100%)
  • スマホのジャイロで操作するモード
  • 緊急墜落ボタン
  • 離陸・着陸
  • バーチャルスティックの表示・非表示
  • その他設定

その下にあるピースサインは、これをタップしてからカメラを被写体に向けて、ピースすれば、カメラがそれを検知して写真を撮ってくれる仕組み。
高度維持以外自立しないドローンでこれを実際にやるのは至難の技ですw
屋内であれば、ちゃんとトリミング(コントローラーの十字キーで微調整(トリム調整)可能です)して、ビタホバさせられれば、やれない事はない、かなと思いますが。

角度調整可能なカメラはありがたい

手動でカメラはチルト可能。

真下までは向けられませんが、正面から少し上までは向けられます。チルト範囲は90度といったところでしょうか。

カメラモジュールの後ろにSDカードスロットがあります。

あとで驚いたのは、記録されているムービーが、Wi-Fi伝送によってスマホに保存された動画となんら変わりない事。
数世代前のWi-Fiカメラでは、伝送された映像がフリーズでコマ飛びしていても、SDカード内の動画はコマ飛びしていなかったんですが。しかし確かにここまで安くは無かったですもんね。安さ故の「ヌキ」と捉え、割り切るしかなさそうです。
ですので、別にSDカード使わなくても良いのかなと思っちゃったりw
スマホ保存、SDカード保存とも720p 25fpsです。

静止画も720p。
にじみこそ否めませんが、こんくらいだったらInstagramにアップする分には問題ないかも。

レビュー動画

んでは動画の方を。

ね?ジェロー出てたでしょ?w
トイドローンなんてそんなもんなんですよw
DJI飛ばしていてもかなり画面を見る癖がついてしまっているんですが、それがフリーズしまくりだったので、焦ったというより笑ってしまってました。
「ああ、トイドローンのWi-Fi FPVって、こんなだったよなぁ…」的に少しノスタルジックになってみたり。
久々にトイドローン飛ばして、焦るのはそのスティックの塩梅。「ほんの少し」が本当に難しいw
ついつい極振りしてしまいます。
このあとちょこっとSaifly-Xを久々に飛ばしたりもしたんですが、最初にその感覚の違いにあらためて感動してしまいました。

結論。中級者の気晴らしにどうでしょうか?

初心者がいきなり屋外でS5Cを思いっきり高く飛ばすのは、かなりいただけません。
安いから、買いやすいから、初めてのドローンとしてS5Cを買うというのも大いに結構ですが、可能なかぎりベテランさんのフォローのもと、どんなもんかを体感し、練習を、経験を積み重ねていただきたいです。
レビュー撮影時も、高度を30mくらいまであげて、風には抗えていましたがスロットル下げても降りてこなくて。
スロットルを下に入れ、前進しながら右往左往させながら、やっと降ろせた感じ。
経験積んでて良かった…w
ワンキーリターン機能はありますが、記録したホームポイントへの自動帰還ではありません。機体の向きを把握し、きっちり自分で操縦して引き返せるくらいのスキルが欲しいところです。
なんだか今回は、ひさびさのトイドローンのクォリティに戸惑いつつも、そういった不完全さが変に面白くて、良い気分転換になりました^^

実は第二弾(?)も控えており、多分今日品物が到着します。
カテゴリとしては今回レビューしたS5Cと同等だと思うのですが、どんぐりの背比べとなるか、掘り出しもんとなるか、やんわりと期待していただければと思っております。

Follow me!

コメントを残す