Jumper-TX T8SG 着弾!

本日2月8日、到着は2月7日。2月6日の時点で追跡みたらまだ中国だったのにw
というわけで流通も動いているみたいなので、これでガンガン注文できますかね?
(そんなの構わず色々発注しちゃってる私ですが)

JumperTX T8SG 2.4G 12CH Hall Gimbal Open Source Multi-protocol Transmitter for RC Drone – Mode 2 (Left Hand Throttle)

とにかく安いマルチプロトコル送信機

JumperXYZから出ていた、T8SGV2Plus(売り切れ中)が$119.99、同カーボン柄が$99.99。$20〜$40もの金額差はデカイと言えます。アンボックスしてみてわかりました。入っているのは本体とマニュアルのみ。ネックストラップが付属していません。

ネックストラップが$20というわけじゃあありませんけど、削れるところは削るというところも価格破壊に貢献しているんだと考えられます。

知ってたけどまだ技適マークは無し

Jumper-TX T8SGは、ご存知のとおりJumperXYZから送信機部門が独立して設けられた新ブランド。親会社はもちろんJumperXYZで、情報筋によりますとこちらも健全で新型の製造にも着手しているとの事なのですが。
リニューアルしたT8SG、こちらもBanggood担当さんからは技適マーク申請中との事で、待ってればマーク発行なり、マーク付き製品としても販売されるんでしょうけども、正直そこは不確定要素なので急がない人は静観しておくべきかなと思います。

Jumper-TX = RadiomasterRC ?

T8SGにはマニュアルが付属します。

ね?w
RadiomasterRC TX8ってなってるw
マニュアルの中にもカッコ書きがあったりして、もしかしたらT8SGは幻のプロトタイプとなり、今後はTX8として登場するのかも知れません。ちなみに現在RadiomasterRCは、TX16の販売開始に注力しているようで、TX8の市場投入はもっと先の事になるかも知れません。

操作性も持ちごたえも前機種と変わり無し

良くも悪くもJumper XYZ T8SG V2 Plusとなんら変わりありません。液晶表示は白黒(これはV1?)。これは視覚効果なのでしょうか。ボディが黒となった事で、黄色だった時のチープ感が無くなったように思います。

液晶は白黒。

あ!やべ!デンパケーサツ来る><
(画像はハメコミ合成ですwww)

スイッチ類については、肩の左右のところにあるスイッチが2ポジション、他は3ポジション。左右側面にダイヤル。これも従来機と同じですかね。
Deviationの場合、2ポジの設定は「min-max」で済むんですが、3ポジの設定は面倒くさいままですよね><
いつも忘れてしまいます。
YouTubeなどにT8SGの設定方法などは動画としても紹介されていますので、探してみてください。

バッテリーも従来機に同じ

例によって、18650バッテリー2本用のバッテリーボックスが付属します。

私は18650バッテリー持ってないままなので、とりあえず2S リポバッテリーを代用します。本体との接続は2Sバランスプラグになります。

データポートはUSB-Cに変更

EUではこれが標準となる流れだそうで。普通に家電量販店やスマホ関連ショップなどでも売ってるUSB-Cケーブルが使えます。
アップデート時、USBHIDとしてPCでシミュレーターをプレイする際にここを使って接続します。
ちょっと私が探したりないのかも知れませんが、SDカードスロットが見当たりません。
内蔵されたのか、「標準メモリで事足りるだろうから、アイコンデータとかはPCから書き込んでね」という意味なのか。
USBポートの反対側にはピンジャックなトレーナーポートがあります。私はまず使う事は無いでしょうw

国内運用には今の所Jumper JP4in1モジュールが必須

これ?

Jumper JP4IN1 Multi Protocal Radio Transmitter Module Compatible OpenTX for Frsky JR

はい、在庫無し。既に製造は終わっているものと思われます。再入荷の予定はあるそうですが、昨今の中国の状態を考えますと、果てしていつになるやら。そのまま入荷されずにRadiomasterRCから技適無しが出る可能性もあります。あちらさんは日本の小さな市場の事はあまり優先して考えてくれていないので、他ショップやメルカリなどで「買える時に買っておく」事を強くオススメします。
で、もしもまた普通にJP4in1(技適付き)が買えるようになったら、メルカリヤフオクすれば良いじゃないw

で、取り付けてみたんですけど。
私のはJP4in1でもダイヤルがついているバージョン。これはもう入手不可能?w

OPEN-TXばかり使っている私、deviationで外部モジュールを使用する方法がわかりませんw
(第一T8SGV2Pが技適通った事で外部モジュール使う意味がなかったから「知らな〜い。考えた事もな〜い。」)

例えば写真のモジュールですと、ダイヤルを9に合わせて使えばBayangプロトコルだという事はマニュアルに書いてあるんです。
でもOPEN-TXだったら、外部RFを選択して、あとはいつものようにプロトコルを選べばOKじゃないですか。T16 Plusとかも、内部RFが無いから外部RFオンリーでいつも設定操作しているわけですし。

で、困った時のドローン友の会。
厚かましくも質問してみたところ、わかった事がいくつか。

  • JP4in1 SEでは無理w
  • ファームウェアをアップデートしないと正常動作しない。

フライトシミュレーター専用コントローラーとして使う(当面?)

DeviationでプロトコルをUSBHIDにすれば内部RFを使いませんので電波を出してない事になる、のかな?
(知ってる、これもデンパケーサツは色々突っ込んでくる。)

当面はそういった使い方が無難なのかも。
T8SGでのフライトシミュレーターへの接続方法も、検索すれば結構でてきますので、探してみてください。

なにはともあれ技適取得が急務

如何せん今のままでは、堂々と使えないですよね。
聞くところによると、中身がまんま同じであっても、製品名が変わったり販売会社が変わったりしたら再度設計認証が必要だとか。
なんかメーカーがその電波品質に変更は無いものとして責任を負う事で、T8SGV2Plusの設計認証で済ませる事は出来ないものかと考えてしまうのですが。
T8SGがプロトタイプで、関係機関への認証がTX8で行われるのだとしたら、きっとさらに待たされるでしょうし、その間に市場が減速して「もう日本はマーケットとして考えないにするわ。FrskyやFlyskyに習って」みたいな事にもなりかねない。
そもそもJumper T8SG V2 Plusから技適とってくれるようになったのって、マルチプロトコル分野での日本市場の独占とか、商圏としての魅力をある人が交渉してくれた結果によるもの、らしいんです。

早急なる対応をこちらからもお願いしておきます。

Follow me!

Jumper-TX T8SG 着弾!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す