気になる!ISDTから新型Q8登場!

ISDT Q8 BattGo LiPo Battery Charger 20A 500W RC Balance Fast Charger Discharger DC 1-8S LCD Display Digital Smart Battery Balance Charger

みなさんも、なんだかんだで一番つかっていませんか?
出先でのISDTによる充電w

より大きくなった液晶画面

私が愛用しているのはQ6 pro。まさになんだかんだで必ず持ち歩いています。
ISDT Q8は、ジョグダイアルってんでしょうか、グリグリしてポチってやるやつ。あれを廃止して画面右側にタッチセンサーを採用することで、縦長に大きい液晶画面となりました。

その分、横幅は狭まってますけどねw

供給パワーも大幅アップ

Q6が300W/14Aだったのに対し、Q8は500W 20A。マルチ充電が捗ります。もちろん「8」が意味するとおり、8Sまで対応。
8Sバッテリーとかこれから登場してくるのでしょうかw
ああ、1S x 8本もイケるってことか!

もちろん無駄のないコンパクト設計

Q6では底が斜めになっていて、置けば見やすいっちゃ見やすい角度にはなってくれてましたが、しまう時に斜めって結構微妙な事もあったりしていました(個人的な都合ですw)。Q8はその容量増分大きくなっていますが、それはどうやら「斜めをやめた」って事のようですね。
もちろんファン内蔵で熱対策もバッチリ。基礎はしっかりおさえている安心感があります。

ISDT Q8はMakerfireで発売中。
そろそろ充電器を新調したい方、これからレーシングドローンを始めたい方、手元におひとつ、あると良いかも。

併せて買いたい

充電器だけ持っていても、電源と供給がなければ意味がないw
まずは電源をなんとかしないとですね。

本来なら家庭電源用の据え置きタイプの充電器を用意して、そこで大容量バッテリーを充電。それを出先で電源として使うというのがスタイリッシュ(?)なのかもしれませんが、私みたいにチープに済ませたい人には、結局こちらなのかな。

12V 3A AC to DC Power Adapter XT60 Plug for iSDT STRIX Chargers(US Plug)

これだとね、3Aしかないから、Q8の本領が発揮できないんですよ。
でも、充電はもちろんできるので、流し込むA値さげてじっくりバランス充電して、本番に備えるという作戦。
もちろん、出先に電源があるのであれば、これごと持って行って、ユルユルと再充電すればOK。

チャージングボードは、「どれもOK」ってのはなかなかないみたいで、1S-3Sタイプはとりあえず持っていて良いかも。

Upgraded XT30 Parallel Charging Board for 1S 2S 3S LiPo Batteries

で、4S以上は1個ずつダイレクトに充電w
それがいやだったら、さらにチャージングボードを購入っす。

Makerfire 3S/4S LiPo Batteries XT60 Parallel Charging Board

ただ、これだとXT60ですし、ToothpickとかXT30がメインなマイクロ系な人には、厄介かと思うんです。

なので、何かのおりにでも、XT30メス to XT60オス 変換コネクターを作っておく事をおすすめします。
つくるの面倒だったらこういうのもアリw

8pcs XT60 to XT30 Plug Female Male Adapter Converter for RC Lipo Battery FPV Drone

バッテリーそのものは、Makerfireでももちろん取り扱っていますが、馬鹿でかい容量のものは、少し高くても国内配送品の方が、良いかもって思っています。
Makerfire自体も日本にも倉庫があって、そこに該当バッテリーがあるのが先に分かっていれば、「コレオススメ!」ってできるんですけれども。

ISDTの電源にはXT60コネクターのものが必要ですので、数多のコネクターがある中、買い間違えは避けたいですね。自分でコネクター付け替える自信がある人にはどうという事の無い話なのでしょうけど。

コロナ禍であんまり外出が出来ないですが、たまには気晴らしに飛ばしに行きたいですよね。
くれぐれも三密には気をつけて!

で、クーポン出してもらいました!

クーポンコード「MKFQ8」でなんと10%オフ!
4月25日までなので、狙ってる方は急いでくださいね!

Follow me!

コメントを残す