話題のRadioMaster TX16s。Banggoodにはモード1も入荷予定!

技適マークが発行され、どうどうと飛ばせちゃうことになりそうなTX16S。
Banggoodではホールセンサージンバル版が予約開始となっています!

RadioMaster TX16Sホールセンサージンバル2.4G 16CHマルチプロトコルRFシステムRCドローン用OpenTX Mode2トランスミッター – モード2(左ハンドスロットル) TX16S

※リンクはモード2ですが、選択変更可能ですので、モード1の人はそちらをチョイスしてから予約ボタンを押してください。

なお、さらにBanggoodでもTBS MicroTx付きバージョンも選択可能です。
なかなか入手しづらいらしいTBS。
買えるうちに買っておくのが吉ってやつです。

で、あの件はどうなった!?

で、RadiomasterRCのカスタマーサービスに問い合わせた結果、ぼそっと一言お返事をいただきました。

Hello, the certificate only covers the TX16s radio.

…。
あえて翻訳しないでおきますw

ま、まあね!そうでしょうけどね!><

RadioMaster TX16sホールセンサージンバル版は、もう充分高いコストパフォーマンスであることはわかっていますから、マルチプロトコルなフルサイズプロポが欲しいと思ってらっしゃった方、ぜひこの機会に!

ちなみに、1stバッチ(まだ技適取得がはっきりしていなかったときのもの)は、ソッコー売り切れていたそうです。
今回も競争激しそう。

メタルローラーとTPアップデート。

Open TX Radio Firmware Click Here
Multi-Module Firmware Click Here

Description: (User Manual)
銘柄:RadioMaster
アイテム名:TX16Sトランスミッター
チャンネル:16CH
モード:モード2
サイズ:183 * 212 * 66 mm
重量:736g(バッテリーなし)
電圧:DC7-8.4V
バッテリーコンパートメント:25 * 52 * 97mm
2 x18650(トレイを含む)、 21700 7.4v 2s Packまたは7.4v 2s Lipoly(バッテリーは含まれていません)
電流:400mah(外部モジュールを除く)
外部マイクロSDスロット:カードが含まれています
2 x外部UART拡張ポート
タッチパネル対応(OpenTX 2.4とアップグレードパネルが別途必要)

特徴:
STM32F429BIT6 MCU
工業用グレード4.3インチ480 * 272屋外で読み取り可能なカラーt痛いパネル画面
OpenTXとの互換性
ホイールメニューボタン
CNCアルミニウムフェイシア付きフルサイズ高品質ホールセンサージンバル
内部マルチプロトコルRFシステム
フルスピードネイティブTBS Crossfireサポート(400K)
テレメトリーをサポート(プロトコルおよびレシーバーに依存)
メモリ16M(Micro SDカードで拡張可能)
音声機能
振動リマインダ機能
改良されたJRモジュールスロット
6フライトモードボタン(Pixhawkなど!)
3色のLEDステータス表示
USB-C充電ポート。
USB-C SimulatorおよびPC接続ポート
無線の機能を拡張する外部UARTポート。

内部マルチプロトコルRFシステム
サイプレスセミコンダクターCYRF6936:DSM / DSMX、Walkera Devo
Texas Instruments CC2500:FrSky、Futabas SFHSS
Amiccom A7105:FlySky、FlySky AFHDS2A、Hubsan
ノルディックセミコンダクターNRF24L01:HiSky、Syma、ASSAN、その他ほとんどの中国モデル

RFチップデータ
TX16S内部RFシステムは、CC2500、NRF24L01、A7105、およびCYRF6936 RFチップモジュールをすべて1つのボードに統合しています。このモジュールは、今日の卓越したRFプロトコルのほとんどです(以下のRFチップデータを参照)。 RadioMasterの内部RFモジュールは、無線オペレーティングシステムから直接ファームウェアの更新をサポートします。複雑な更新手順はありません。

パッケージは以下を含みます:
TBS Crossfireを備えた1 x TX16S / TX16S MicroTX (オプション)
1 x USB-Cケーブル
1 x 18650トレイ
1 xスロットルリターンスプリング

私的に気に入ってるところ

まず、上部のUSBポートがUSB-Cとなったところは、向きを気にせず刺せますし、実は結構USB-Cケーブルって既に持っていたり。たしかもう百均でも買えるような(不安だからあまり買いたく無いですけどw)。

上にデータケーブルが生える形ですので、セッティング作業やシミュレーターが捗りそうです。

USB-Cによる充電にも対応したのも嬉しいですね。
こちらは多分ですが、上部のUSB-Cポートから充電するのではなく、底部にあるカバーをめくった中にあるUSB-Cポートから行うものかと。

T16シリーズで出し入れしづらくて泣いたTFカードスロットも底部に用意されています。

タッチパネル化できるのも期待したいですね。別途アップグレードパネルの購入が必要になり、OPEN-TX 2.4以降でのサポートとなるそうですが、使い勝手が格段に向上することを願っています。

ケースとかはT16用に販売されているものでイケそうですね。
梱包ケースで持ち歩くのも気が引けますしw
結構長いことT16をそうやって持ち歩いていたため、カバンの中が発泡スチロールカスだらけになっちゃってました><

また、別途販売ですが、専用バッテリーも用意されるみたいですよ!

Banggoodのページには既に多くのレビュー動画が公開されています。
そちらも是非参考になさって、予約手続きを行ってくださいねー。

Follow me!

コメントを残す