JOYTOY STEEL BONE MECHA サクッとレビュー

アクションフィギュアに手を伸ばすのって、多分10年くらいぶりっすよ!
(最後は子供のために(?)仮面ライダーダブルのフィギュアw)

JOYTOY Action Figure Multi-joint Rotatable Desert Version Steel Bone Armor Figure New Toy for Collectible Toys

細部にまで拘った精巧な作り

これを設計した人って、一体どんな脳構造をしているか興味深くなるほどに精巧につくられているアクションフィギュアですホント。
足周りとか、膝とかの関節の仕組みって、人間のそれと明らかに異なるのに、ちゃんと立つわけですし、ちゃんと「人を模した」ポーズが作れるという。

装甲も動きに合わせてそれなりに邪魔にならないような取り付けになっていたりして。

「らしい」塗装

フィギュアには塗装が施されています。もういかにも幾多の戦場を乗り切ってきました感が漂う痛みっぷりっていうか、砂漠ですっかり汚れちゃって感というか、ほんと精密に塗装が施されていて、果たしてもし自分がこういう塗装をこなせるかと思ったとき、間髪入れずにノーと言わざるを得ないですw

この技術、ドローンのキャノピーにも活かして欲しいですな!w

装備パーツの互換性が凄い!?

武器が数種類あって、それぞれ取り付けに突起やら穴やらがあり、それを武器同士、はたまたロボット本体の各部位に取り付けられるようになっています。
そう、突起や穴はサイズ統一されています。

私は外箱の写真やイラスト(?)を参考にその装備を真似てみたりしていましたが、想像力を働かせてさらに違った構成も出来そう。

マニュアル、読めません><

両面ペラもんのマニュアル(?)が付属します。多分、このロボットのバックグラウンドストーリーみたいなものがつづられていたりもしているんでしょうけど、全部中国語!w
全く読めませんでした。

付属する細かいパーツ群の取り付けや、パーツ一覧が描かれているので、それを参考にすれば、メーカーの思惑通りの装備仕上げとなるわけですけど、いくつかのパーツは、その描かれているものと違っているような…w
まーなんというか、STEEL BONEシリーズってJOYTOYオリジナルな、フィギュアのみの世界観であったりするみたいで、別途アニメなり漫画なりがあるようなもんでもないみたいなので(もしもあったらご紹介ください!w)、オーナーの自由な発想で組み合わせてみたら良いんじゃないかと思いました。

対象年齢は15歳以上

パッケージにはそう記載されている、様なのですw
確かにこれ、小学生や幼稚園児にはきついと思いましたw
異常に細かいパーツ群、複雑に動く関節。

でもまあそういったギミックの一つ一つを、どう動くか、結果どうなるかを気付くところ、ちょっとおじさん教育性も感じちゃいましたよ!

実際にこういうロボットがあったら良いのにねw

日本のロボット文化といえば「ガンダム」。最近では実際に稼働する(といっても後ろになんか重機なみにごっつい支えとかが見えていて残念感もぬぐえなかったりするんですがw)ものが製造され展示公開が目前となっているそうですが、STEEL BONE MECHAって、こうして実際にかなり安定して立ったりもしますし、なんか実物大が存在してくれたらいいなと変な夢を抱いてしまいますw

いや勿論戦争なんてしなくて良いから。

んじゃ動画

JOYTOY STEEL BONE シリーズ

ロボットだけじゃなく、なんだろ、ソルジャーのフィギュアもあったりします。

私みたいに、プレオーダーで注文入れたら、いざ入荷日来たぞってなった時に「あなたの国には送れません」になってしまうこともあるかも知れませんから、ちゃんと在庫ありなのか、発送先が日本に指定しているかとか、確認して欲しいですはい。

JOYTOY STEELBONE

Follow me!

コメントを残す