BETAFPVとInsta360がタイアップ!新たな映像革命をもたらすモデル登場!

本日12月18日まで絶対に公言できなかったネタを、満を持して公開する時がきました!

より高性能な飛行を約束する新型ドローンと、よりセンセーショナルな映像表現を実現するカメラの登場です!

BETA95X V3

95XV2からアップグレードするBeta95X V3は、BETAFPVのPusherCinewhoopシリーズです。
特に専用のSMO4Kカメラと組み合わせると、ダイビングのようにすべてのFPVフリースタイルトリックを簡単に実現できますが、それでも映像を不可能なほどスムーズに保つことができます。
アナログVTxバージョンと、デジタルVTxバージョンがあります。

デジタルVTXバージョンはコチラ

ブループリント

箱から出して簡単に設置できるSMO 4Kカメラ用のマウントが組み込まれているBeta95X V3は、SMO4Kアクションカメラに最適です。
SMO 4Kと組み合わせると、パイロットはFPV飛行中に安定した高品質のビデオを取得できます。
一方、ドローンはSMO 4K用の電源ケーブルを提供しており、電源入力に便利です。

まったく新しい革新的なプッシャーフレームデザインを採用したBeta95X V3は、Beta95X V2よりも耐久性が高く、取り付けが簡単です。
一方、新設計のプッシャーフープフレームには、EVAフォームクッションデザインが採用されており、飛行の安全性が高まります。

F4 AIO 20A Toothpick FC V4、1106 3800KVモーター、およびD63 5葉プロペラを装備したこの高効率電源システムは、Beta95X V3をより強力に保ち、飛行中の騒音を低減します。
最高の飛行体験を得るために、BETAFPV 450mAh 4Sバッテリーを使用することを強くお勧めします!

反転モーター設計と上部バッテリー配置によってドローンの重力を中心に置くことで、ドローンはより機動性が高くなり、ダイビングなどのすべてのFPVフリースタイルトリックを実現できます。

衝撃緩和システムをさらに改善してカメラの揺れをなくし、飛行中のカメラをより安定させます。
これにより、パイロットは安定したクリアなビデオですべての美しい飛行の瞬間を捉えることができます。

仕様

パッケージ

  • 1 * Beta95X V3 Whoop Quadcopter
  • 1 * Gemfan D63 5-blades Propellers(2CW+2CCW)
  • 1 * 20mm FPV Camera Mount
  • 1 * Spare EVA Foam Tape
  • 1 * USB Adapter Board
  • 1 * 4P Adapter Board for Beta95X V3
  • 1 * 3P GH1.25 Power Cable (20mm 30AWG)

SMO 4K Camera

SMO 4Kは、FPVに取り付けるために設計された超軽量アクションカムです。
重さはわずか30グラムで、クレジットカードのような形をしています。
カメラは取り外され、FPVバッテリーを搭載した4K広角レンズとプロセッシングコアが含まれています。

SMO 4Kは、BETAFPVによってInsta360テクノロジーを使用して開発されています。
カメラはInsta360のFlowState安定化でバックアップされているため、FPVパイロットはInsta360のモバイルアプリとデスクトップソフトウェアを使用して非常にスムーズなビデオを取得できます。

SMO 4Kは、Insta360.comから本日注文できます。
BETAFPVの新しいBeta95X V3 Cinewhoop Quadcopterも購入できます。

超軽量のストリップバックデザイン

平均的なアクションカムの重量は100グラムを超えます。
重量がわずか100グラムの小さなFPVドローンに搭載するまでは、それほど多くはないように思われるかもしれません。
SMO 4Kの合理化された設計により、カメラの重量はわずか30グラムに抑えられ、より速く、より長く飛行し、より多くの操作を行うことができます。

何年もの間、FPVコミュニティのDIYデーモンは、古いアクションカメラを再設計し、FPV用に軽量化してきました。
現在、SMO 4Kは、手間をかけずにFPVコンテンツを強化したいFPVパイロット向けのすぐに使えるソリューションを提供します。

4K超広角ショット

すべてのFPVドローンには、ライブビデオフィードを送信するためのカメラが搭載されていますが、これらのカメラは多くの場合、約1080pの解像度でキャップアウトします。
アクションカメラを使用すると、4K広角ビデオをより詳細に、よりスムーズに安定させ、ダイナミックレンジを広げて撮影できます。

SMO 4Kは、Insta360 Studioの新しい超ワイドFOVオプションを使用して、ショットから歪みを取り除く4Kフッテージを撮影します。
一方、100MbpsのビットレートとH.265エンコーディングは鮮明な詳細を提供します。

FPV用に安定化

FPVの飛行で最も楽しい部分は、ドローンで実行できるすべてのフリップ、ロール、アクロバティックなスタントです。 しかし、これらの操作は、画像安定化アルゴリズムが処理するのも難しい場合があり、多くの場合、不安定な映像が残ります。

SMO 4Kは、Insta360アプリまたはデスクトップStudioソフトウェアを使用して、Insta360独自のFlowState安定化アルゴリズムでバックアップされます。 FlowStateはショットをとてもスムーズに保ち、あなたはあなたの心の欲望に飛ぶことができるでしょう。

マウントする準備ができました

SMO 4Kカメラは、CineWhoop、3〜4インチのダクト付きクワッド、4〜5インチのロングレンジFPV、固定翼FPVなどのさまざまなFPVドローンに簡単に取り付けることができます。

SMO 4Kの発売と同時に、新しいBeta95X V3 Cinewhoopクワッドコプターが発売されます。
このドローンには、SMO 4Kカメラ用のマウントが組み込まれているため、すぐに設置できます。
さらに、その「プッシャースタイル」の倒立フレームは低重心を維持し、ドローンの操作を容易にします。

独自のFPVを既にお持ちの場合は、STLファイルを使用して独自のマウントを3Dプリントすることもできます。

プラグインとコントロール

カメラには、2Sから6SのLiPoFPVバッテリーをサポートする6Vから27Vの電源コネクタが付属しています。
プラグインして移動するだけです。
また、カメラをラジコンに接続して、飛行を停止せずにリモートで録画を開始および停止することもできます。

これ以上のジェロー効果はありません

映画のようなFPVフッテージを撮影する際の課題の1つは、「ジェロー効果」、つまりビデオに強い振動があることです。
これに対抗するために、SMO 4KにはボックスにND16フィルターが付属しており、明るい条件でより自然なモーションブラーを実現します。
一方、飛行中にレンズプロテクターを兼ねることができるUVフィルターも含まれています。

ゲットフライング

SMO 4Kは、本日からInsta360.comで世界中で利用可能で、小売価格は$239.99です。
カメラとBeta95X V3 cinewhoopクワッドコプターを含むGet-Setキットも利用できます。

Key Specs

Weight30g (1.06oz)
Dimensions (WxHxD)61.5×39.4×29.2mm (2.42×1.55×1.15in)
Power supply range6V-27V (compatible with 2S-6S Li-Po FPV battery)
ApertureF2.8
35mm Equivalent Focal Length16.4mm
Video Resolution4000×3000@24/25/30fps,
3840×2160@24/25/30/60fps,
2720×1530@24/25/30/60/100fps,
1920×1080@24/25/30/60/120/200fps
Video Formatmp4
Video CodingH.264, H.265
Video ModesNormal, HDR, Timelapse, TimeShift, Basic stabilization (in-camera),
Pro stabilization (export with Insta360 app/Studio to apply FlowState stabilization)
Max. Bitrate100Mbps
BluetoothBLE4.0
Wi-Fi5G (standard range approx. 2m)
Micro SD cardUHS-I V30 speed class, exFAT format SD cards with a max storage of 1T are recommended.
Use Environment-20°C to 40°C (-4°F to 104°F)
ColorBlack and Red

以上BETAFPVから提供いただいていた情報です。

いやあ、映像革命ですね!
360度カメラのさらなる軽量化ではなく、Insta360 GOで多くの方が不満に思っていた、1080p 30fps映像の限界を、ここで大きく引っ張り上げたといった感じでしょうか。

アクションカメラといえばGoPro。いまやGoPro8までも剥いちゃってる強者さんも登場し、Cinematic FPVドローン映像もますます高品質になりましたが、Insta360が採用するFlowStateスタビライザーという別のアプローチによるCinematic映像がこれで出揃った感じ。
果たしてどっちが優秀かも見極めたいところでもあります。

Follow me!

コメントを残す