Caddx Air Unit 新型 爆誕!

先に言っておきます。5.8Gのみ(2.4Gなし)。

Caddx Air Unit HD Digital Video Transmittion

カメラモジュールは19mm x 19mm

720p/120fps映像伝送

AirUnit 伝送技術で720p/120fpsのスムーズなHDライブビュー、28msの低遅延が特徴。

干渉防止デジタルトランスミッション

AirUnitトランスミッションは、双方向通信システムを利用して信号接続を安定させ、パイロットが困難なエリアを飛行する際の柔軟性を高めます。

28msの低遅延

AirUnitの伝送技術は、28ミリ秒以内に最小のエンドツーエンドの遅延と見事なHDビューを提供します。

1080p空撮

強力な伝送システム、組み込みリモートコントローラーレシーバー、マルチアンテナテクノロジーなどの最新のイノベーションが、Air Unitの優れたパフォーマンスを実現する理由です。

8チャンネル、8ドローン

AirUnitには8つの周波数チャネルが装備されており、最大で右のドローンを同時に飛行させることができます。

1080p空撮

AIrUnitは飛行中に1080p / 60fpsでビデオを録画し、パイロットにスムーズでクリアな空中映像を提供します。

組み込みリモート受信機

ユーザーは、追加の受信機を購入することなく、AirUnitをDJIFPVリモートコントローラーにワイヤレスで接続できます。 これにより、飛行準備時間が大幅に短縮されます。

マルチアンテナテクノロジー

AirUnitには2つのアンテナがあり、どちらも受信機と送信機であり、信頼性の高い画像送信のために広い信号範囲を保証します。

Specification:
Weight
Air Unit (cameraincluded): 41.6g
Antenna: 3.74g (MMCX straight);
3.9g(MMCX elbow);
6g( reverse polarity Female SMA)

Dimensions
AirUnit: 44×37.8×14.4mm
Camera: 20.7×19×19mm
Coaxial Cable:100mm
Operating Frequency 5.725-5.850GHz
Transmitter Power (EIRP) FCC/SRRC: <30dBm;
CE: <14dBm
Min.Latency(end-to-end)Low Latency Mode(720p120fps):
<28ms;
High Quality Mode(720p60fps): <40ms
Max. Transmission Distance
FCC/SRRC:4km;CE:0.7km;
Video Format MP4(Video format:H.264;
Audioformat:AAC-LC)
I/O Interface
USB-C,MMCX,3-in-1port,microSD cards lot
Supported Flight:Beta FlightControl System
Operating 0° to 40°C(32° to 104°F)
Temperature Range
Input Power:7.4-17.6V

Camera
Sensor:1/3.2”CMOS;
Effective Pixels:4M
Lens:2.1mm,f/2.1
Shutter:Rolling shutter
ISO:100-25600
FOV:150°(D);122°(H);93°(V)

Package Included:
1*Air Unit
1*Camera
1*Coaxial Cable
1*Antenna

8台同時とかエンターテイメント性爆あがりなんですが!
ホント総務省仕事して欲しい。
先日みた日本のドローンレースショーは2台同時。DRLとかみたあとにそれ見ちゃうと、番組がドローンで成り立っているんじゃなくて、パイロットで成り立っている感が。つまり、パイロットのことを知らない一般の方は、果たしてどこまで盛り上がれるか。

もう国がひっくり返らないと、これもまた世界から取り残されてしまうんでしょうか。きっと誰かがコレを一般人でも扱えるように革命を起こしてくれると信じています!

Follow me!

コメントを残す