AllDoCube X Neo キーボード付き サクッとレビュー

Androidもタブレットになれば色々出来る事が増えるってもんです。

タブレットといえばiPad。3万円台からあって、でもキーボードとか買い足すと結構なお値段になって、うかうかしてたらPC買った方が良いんじゃね?って思えてきたり。
Androidタブレットですと、安いのはこの前レビューしたみたいな10インチで2万円を切るものもあります。
で、なんでAndroidかと言いますと、

Betaflight Configulatorが使えるようになった!

これは我々ドローンクラスターには大歓迎な出来事。iOS版はリリースされていませんし、待っていても出来ないという話も耳にしています。
実際に使用しているところは、前のレビューで出ています。

ドローンのフライトシミュレーター FPV FreeRiderがある!

iPadOSでこれはイケる!ってのが見つけられないままなんですよね。FPV FreeRider for Androidは、USB HID対応プロポを繋げる事も出来ますから、ちゃんとシミュレーターとして役立ってくれるんですよ。

Googleのサービスとシームレス

いまじゃブラウザはChrome、クラウドはGoogleドライブ、地図もGoogleMap、表計算もワープロもプレゼンスライドもGoogleで無料で出来たりします。それらをなるべく使うようにすれば、Androidの方が楽なんじゃないかなと。

逆な言い方をすると、iOSで出来なくてAndroidで出来る事があるなら、Androidの方が良いじゃんってなりますよね。

で、注目したのが今回レビューしたこのタブレット!

Alldocube X Neo Snapdragon 660 4GB RAM 64GB ROM 10.5インチSuper Amoled Android 9.0デュアル4G LTEタブレット、キーボード付き

クーポンコードいただいています!

クーポンコード「BGJP55c135」で$284.99になります!ただし24日午後5時まで><

キーボード無しのほうにも使えます!
こちらは$229.99になります!

付属のキーボードは専用品。カバーにもなります。iPad本体+キーボードの競合製品と考えてもかなりコスパで勝ってると思いますw

型落ちでもSnapdragon!

Androidタブレットの安いヤツをみると、「クアッドコア」だ「オクタコア」だとうたっていて、よくよくみると聞いたこともないCPU乗っかってたりしますが、大抵それだと「ウェブブラウズは出来るけどシミュレーターやゲームは厳しい」というのが大半。
そう、まさにMacBookとかみたいな体ですわ。
Snapdragonはゲーミングスマホや上位機種に乗っかってるイメージ。なのでタブレットでもまあ同じ事が言えるのかなと。実際レビューで幾つかのゲームとFPV Freeriderをプレイしていますが、まあなんとか出来ます。納得レベル。

しょうもない事かも知れませんが、普通に操作している時でも、ヌルヌル動くのと、もっさり動くのとでは効率が変わってくるように思っています。AllDoCube X Neoはヌルヌルと動きます。

それではサクッとレビュー

良いところ尽くしというには嘘っぽいですが、私には充分満足できるコスパでした。
あえて悪いところをあげるとすれば、USB-Cポート1個しかない事。一昔前のタブレットはUSBポート、マイクロUSBポート、ヘッドホンジャックなど、側面の配置の許す限りポートが用意されていたりもしました。

日本語キーボードだったらもっと良いのにとは思いました。英語と日本語の切り替えが結構億劫。まあ今はWindowsなゲーミングラップトップ、ASUS FX505DTも英語キーボードで、それもALT+‘で切り替えとか、ALT+SHIFTで切り替えとか、一発で済まないところもあって、こんなもんなんだろうなぁって思っているところですし。

あとは良質なアプリを見つけ出して、もっと使い倒せるようにしたいところです。

Follow me!

AllDoCube X Neo キーボード付き サクッとレビュー” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す