E011とE011CとH67、FCに違いがあった件!

 この週末、羽咋ドローンズのイベントで「サンタさんを乗せたドローンをつくろう!」を開催します。募集定員にはまだ空きがありますが、最低実行人数はクリア。おーけーおーけー♪

 今、このイベントのために完成品だったドローンをコツコツとバラしていましたw
 中国の工場で従業員の方が安いであろう給料でコツコツと組み上げ、パッケージ化したドローンを、ここでまた私がコツコツとバラす。なんとも不経済にも思えるところなのですが、実はパーツを個別に買って用意するよりも、完成品を買った方が大幅に安かったりするんですよ。バラすのに掛かる時給というか手間賃を思えば、それも微妙なのですが、まー思いつきでやってみようと目論んでしまった自分への罰みたいな、参加される方が楽しんでいただければという思いもあって、なんとか準備をすすめています。

 今回のイベントでは「サンタフープ」でお馴染みのJJRC H67またはEachine E011Cを10台用意しようと、11月半ばにその時在庫もあり(事になっていた)結構お値打ちだったSureHobbyで発注。この判断が間違いでした…orz

 いつもなら待っても3日ほどで発送されるはずが、待てど暮らせど発送されておらず、痺れ切らしてキャンセル。さて改めて探そうかと。

…ない…!!!

 ブラックフライデーにサイバーマンデー。あちらはどこもセールの応酬!そして季節物であるサンタフープです。入ったと思えば瞬く間に売り切れ。

 苦し紛れで発注できたのはTomTop。残り5個という事で、その時すでに参加者申し込みがあって5台は必要と。ふむ、なんとかなる!?

 2日後、発送はまだかまだかとこまめにチェックしていたら、メールが。

TomTopだけど発注してもらったサンタフープ、残り2台しかないんだよねー。3台分は返金するね?

…積んだ…orz

 我儘言ってもしょうがない、2個で手を打ち困った時のBanggood。ない。

 Banggoodって結構リアルタイムで変動するんでしょうかね。発注できたり出来なかったりってなってました。一応発注できるようになった時をみて発注。Eachine E011Cでは無くJJRC H67となってました。不思議!?

で、本日時点で届いたのはたった2つ。

 そこで思いついた作戦。

Eachine E011の人形をサンタ人形にすれば良いんじゃね?

 羽咋ドローンズメンバーに声かけ。なんと未開封E011持ってると!!!
 ちなみにEachine E011も今は入手困難な状況です。0716モーターで、キャノピーにレゴ人形のせられるタイプって、E011、E011C、H67の3種しか私は知りません。レゴ人形を諦めればBWhoop B03なども考えられるのですが。

 そしてさらに困った時のmixi:ドローン友の会!
 サンタ人形の人身売買を目論んでみました。「売ります買います」トピックでお願いしたところ即返事が!このスピードが友の会の魅力ですよねー^^

 国内発送さすが!1日で到着ですw

 イベントの方は募集締め切り。6台必要となってました。ギリギリじゃん!サンタ6人じゃん!でも戦士人形を選ぶ人も居るかもしれないし。

 と、前置き(?)長くなりましたが。

 JJRC H67はスピーカー搭載。通電と共にクリスマスソング(2種類)のヘビーローテーションが始まります。Eachine E011にはスピーカーは無いですからね。そう考えるとH67ってお得!?w

 で、次の写真は、左・Eachine E011(白フレーム)と右・JJRC H67(白フレーム)を並べたもの。

左 Eahine E011(白フレーム)・右JJRC H67(白フレーム)

 基盤の配置に違いは無く、H67はスピーカーのワイヤーがさらに半田付けされています。
 それらの裏面。

左 Eahine E011(白フレーム)・右JJRC H67(白フレーム)

 H67の方はスピーカーが両面テープで止められているためわからないかもですが、Eachine E011には「KZKK2R(music)とプリントされているの、わかりますでしょうか?

つまりE011(白)はサンタフープのスピーカー対応!?

 うう。試したい試したい試したい!でもこれ一種「商品」だから><
 今回のイベントでは組み立てたドローンはそのままお持ち帰りいただくんですよ。何かやってぶっ壊してしまったら、もう間に合わないですよね><
 予備パーツもそんなに無いっす!

 いやあ、誰か余裕のある人、試して欲しいですよねー。私はてっきりスピーカーに音源も入ってるんだと思ってましたが、どうなんでしょう。また、基盤に音データが入っているとしたら、E011には無駄にクリスマスソングが入ってる!?
 若しくは、ソングデータもPCから流し込める!?
 どういう仕組みによるものなのかが解明されたら、さらに面白い事もできるかもしれませんね。今思いついた事で言えば、曲をスターウォーズに変えるとか。スピーカーワイヤー接続部もただの電源だとしたら、カメラ載せるのに使っても良さげです。
 そしてバラし作業を進めていてさらに新しい発見!

白フレームと黒フレームは違っていた!

 次の写真をご覧ください。

左 Eachine E011 (黒フレーム)・右 Eachine E011(白フレーム)

 なんと!黒フレームと白フレームは基盤の種類が違っています!こりゃ一体どういうことだってばよ!

 少し不安になってバインドテストもしました。どちらもBayangなのを確認。ホッ…w
 そういえばBayang、どう読むのが正解なのか、疑問に思ってたました。私は「べいやんぐ」とどこぞのソース焼きそばみたいな呼び方をしていましたが、アドバイスいただいた読み方は「ばーやん」じゃないかとの事。こんどはレストランみたいですねw

 基盤の配列こそ違えども、飛びの違いはわからなかった両基盤。私はこれらはもう入手困難ですし、BETAFPV Liteベース若しくはBeecore系へとシフトしてしまっています。だってメインのバッテリーがHVになってしまいましたからね。

 上は今、mixi:ドローン友の会で話題になった国内販売のHVバッテリー。在庫があるうちに!
 この「Guokukey」ってショップ、かなり良心的な値段設定だと思いませんか?
 私も今後なるべくチェックしてみようと思いました^^

Follow me!

E011とE011CとH67、FCに違いがあった件!” に対して2件のコメントがあります。

  1. とんすけ より:

    私も最初スピーカー側に音楽データが載ってるんだろうと思って
    バッテリー直結してみたんですが鳴りませんでしたね。
    見るとほんとにスピーカーだけっぽいのでデータはFC側にあるんでしょう。

    うちにも探せばサンタあると思います、が…さすがに間に合いませんねw

    1. jizomae より:

      じぞまえです^_^
      サンタさんは、先程ドローンズメンバーも持ってきて貰えて、定員確保出来ました^_^
      スピーカーはホント謎多き存在ですよね!
      ファームウェア弄くってローバッテリー時になるようにとか、カスタマイズ出来たら凄く良いのですが>< 解析される天才様の登場を待ってます! (その前に製造終わってしまってるのかがめちゃめちゃ気になってしまって…)

コメントを残す